るろうに剣心 京都大火編 : 映画評論・批評

るろうに剣心 京都大火編

劇場公開日 2014年8月1日
2014年7月28日更新 2014年8月1日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

アクションのうねりがドラマを撹拌していくスピーディな痛快作

痛快。エンドロールまで2時間を越えていたのが信じがたいほど掴まれた。

近年、人気コミックの実写化でこれほど成功した日本映画シリーズもなかなかないだろう。前作に続き、いや、前作が序章にすぎなかったことを改めて思い知らされるクオリティだ。捕り物中の斎藤一(江口洋介)が部下を率いて登場——という、あえて前作をなぞるような幕開けからして、その自信のほどがうかがえる。

画像1

るろうに剣心」の実写化がうまくいった理由はいくつかある。まず、佐藤健の緋村剣心をはじめとするキャラクターのなりきり具合(監督の大友啓史が本シリーズの前に演出を手がけた「龍馬伝」のイメージを上手くスライドさせているのも巧い)と身体的なリアリティのバランス。さらには、アクション・シーンの説得力。前作の時点ですでに「飛天御剣流かくあらんや」というスピードとテクニックにより日本映画の殺陣を刷新した感すらあったが、本作ではさらなるリミッター越えに成功している。

二部作連続公開の前編ということもあるのだろうが、とにかく飛ばす、飛ばす。特に神木隆之介演じる瀬田宗次郎の速度感は、その軽さと相まって凄まじいことに。四乃森蒼紫(伊勢谷友介)、柏崎念至(田中泯)、巻町操(土屋太鳳)らもキレキレである。そして、なんといっても藤原竜也演じる志々雄真実だろう。世界を呪詛する異形の悪玉を、眼差しの強さとすくっと立った発声で魅力的なものにしている。

ドラマのピークがアクションになるというよりも、アクションのうねりがドラマを撹拌していくような物語運びは、むしろ原作未読の観客にとっても乗りやすい構造なんじゃないだろうか。この「京都大火編」に関して言えば、アクション監督・谷垣健治の功績は、大友監督と並べて称すべきレベルかもしれない。

ラストに置かれたヒキも効いている。一カ月後には後編公開、というテンポもまたうれしい。

九龍ジョー

関連コンテンツ

インタビュー

佐藤健×神木隆之介×大友啓史監督が明かす「るろ剣」続編に込めた熱
インタビュー

ほほの十字傷に、人を斬ることができない逆刃刀――緋村剣心が「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」の2部作で、スクリーンに帰ってくる。前作「るろうに剣心」に続き、剣心を演じた佐藤健、剣心と相対する存在として刀を交える...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全279件)
  • いやー、続編も面白いでござるよ。 ストーリーもいいですね、原作にも... いやー、続編も面白いでござるよ。 ストーリーもいいですね、原作にも挑戦してみたくなりました。 キャストがほんと豪華で絶妙。藤原竜也の狂いっぷり、最高ですね。神木隆之介のとぼけた悪役もなかなか。... ...続きを読む

    はむひろみ はむひろみさん  2017年4月30日 10:13  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 長すぎるプロローグ!! 前作より大幅にスケールアップして驚きますが、尺が長くテンポが悪いです。藤原竜也を感じさせない藤原竜也が珍しく、現在は演技が全部一緒の神木君も、この頃は丁寧に役作りをしていて良いです。1時間50分... ...続きを読む

    DAIMETAL DAIMETALさん  2017年2月7日 02:43  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 爽快感 アクションがとてもかっこいいです。神木くんかっこよかったなぁ。 ...続きを読む

    なー吉 なー吉さん  2017年1月30日 19:59  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi