すべては君に逢えたからのレビュー・感想・評価

すべては君に逢えたから

劇場公開日 2013年11月22日
36件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

老若男女

それぞれのクリスマス

美豚のしっぽ
美豚のしっぽさん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウルウルっときた

時任三郎の場面で感動…

いわし
いわしさん / 2017年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

東京駅と新幹線の宣伝

その他スポンサーの宣伝がとても分かりやすい…オムニバス形式の作品。JRって広報上手いですね。

一日一日を大切に過ごすというテーマを、余命、遠距離恋愛、会えぬ人への想いという観点から描いています。クリスマス=恋愛ではなく、家族愛も描いている点が良かったです。父と息子の話は号泣(T_T)。

日本のドラマや映画って、どうして後半みんな走るんでしょう…。

everglaze
everglazeさん / 2016年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

木村文乃ちゃんが可愛い過ぎる!

東京駅開業100周年記念として製作された一作。
クリスマス間近の東京駅で、10人の男女が織り成す6つのエピソードが心温かく綴られる。

複数のエピソードが交錯しリンクする展開、クリスマス、ロマンチックな作風…。
言うまでもなく、和製「ラブ・アクチュアリー」。
どうせ劣化版だろうと思ったら、意外に良かった。

メイン軸がワンマン若き実業家と花開かない役者志望の女性の「イヴの恋人」、東京で働く女性と宮城で働く男性の「遠距離恋愛」、ある家族の「二分の一成人式」。
「イヴの恋人」は最後にオチが付いて主役格だけど、ちょっと出来すぎで無理感が。
それ以外の2つのエピソードが良かった。
「遠距離恋愛」については最後に書くとして、「二分の一成人式」はラブストーリーの中で唯一の家族の絆でベタだけど素直に感動。
サブの3エピソードもメインの3つほど時間は割かれないが、じんわり。

高梨臨、木村文乃、本田翼ら好みの女優ばかりで目の保養。
中でも、木村文乃ちゃん!
本作での可愛さは超大型爆弾級!
そう、これが「遠距離恋愛」が良かった理由!(笑)

近大
近大さん / 2016年5月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オムニバス系の映画

最後良かったなぁー。、って気持ちにさせてくれる映画でした。涙もありますけどね!

駐車場
駐車場さん / 2016年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋愛話だけじゃない所が良かった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こういう色んな話詰め込んである作品は好きです。
遠距離、偶然の出会い、過去の恋…いろんな恋のお話が見れる。
あと、親子の話(父親の余命あと少し)に泣けた。恋愛ものだけじゃなく、こういう話があったから、この映画は多分良いんだと思う。施設の子供の所もね。切なくなりました。

あと、全然本編には関係ないけど…この頃の東出昌大が嵐の松本潤に似てる気がした。

あめゆず(*ё*)まぁーる
あめゆず(*ё*)まぁーるさん / 2015年9月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

う〜ん。。

恋愛至上主義の愚かな人種による
極めて中身のない薄っぺらい映画。
クリスマス大好き人間の私にしても
これは無いわ。

映写機おじさん
映写機おじさんさん / 2015年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

!!

辛いことが沢山ある中でも幸せなことがある。楽しいことだけじゃないから楽しいことがより輝く。そんなことを教えてくれる映画だと思った。また、いろんな人の人生を描いていく中で少しの繋がりがあり、見ていてすごく面白いと思った。

tktktk
tktktkさん / 2014年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラブアクチュアリー的な!?

夏に見たのは失敗した(笑)

まぁ、6つのストーリーの中で
一番良かったのは
余命を告げられた父親と息子の話かな!!
あれは、泣くよね(T_T)

映画の上映時間が1時間40分と短いから
その時間で6つのストーリーをやったのは
ムリがあったよーな…
うまいこと、繋がってはいるけど
何だか、もの足りずって感じで
少し、残念…

ハナメ
ハナメさん / 2014年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは本当にいい!!

確かにベタな部分もあるがそれぞれの物語がうまく流れてる。新幹線という繋ぎがJRの広告塔のようにも感じるが作品としては良い。クリスマスの時期に見てたらなお感動したかも。親子の出逢いのエピソードは子を持つ親なら号泣必死。ちなみに2回目を見た時も同じとこで涙が出た。これは子どもにも見せようかな~と。親のありがたみを知るかも!?

成龍
成龍さん / 2014年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベター

クリスマスイブの東京駅をモチーフに、6つのストーリーを展開しているが、多すぎ。でも、その割りにはまとまっている。ベストではないが、ベターな映画だった。

みみず
みみずさん / 2014年5月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少し厳しい評価ですが

男女の気持ちや家族、様々な場面をオムニバスでいてそれでいてまとめあげているのは良かったのですが。
その分、話がアッチコッチで私のイメージですが散らかってる感じに思えてしまいました。
同じ感じのオムニバスミックス系「イキガミ」と比べてしまい、そちらの出来が良かっただけに。
残念ながら特に注目すべくキャストも見当たりませんでした。

かずくん
かずくんさん / 2014年5月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベタだからこそ良かった

良くあるオムニバス映画です。複数のプロットが最期でまとまるタイプです。
良くも悪くも王道のラブストーリー、だけど最近王道なラブストーリーを見ていない人からしたらかなり新鮮ではないでしょうか。
玉置宏がかっこいいですね!
初めてのデートにオススメの映画は?のセリフがスマートでした。

Tigumichan
Tigumichanさん / 2014年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛する身近な人と

プレス発表舞台挨拶上映に参加。
正直そんなに期待はしていませんでしたが・・・邦画では久しぶりの秀作。体中が痒くなるような暑苦しく恩着せがましいLoveStoryでは決してない。
人々にどこか特別な想いも強い12/24、そしてたくさんの人々が旅立ち、帰ってくる東京駅。そんな特別な場所で繰り広げられる『愛』の日常をさりげなく、でもドラマティックに描いているクリスマスが楽しみになってしまうようなとてもロマンティックなストーリー。
人にはそれぞれの日常があって、そこにそれぞれの意味もあって偶然も織りなすメガステーションが醸し出すハーモニー。全ての世代に胸をキュンキュンとさせる構成。
後半・・・涙腺爆発、エンドロールの音楽が流れた時に思わず拍手してしまおうとした年に50本弱劇場観戦する私も素敵なシーズンを迎えるにあたってお薦めしたい映画。
愛する身近な人と観に行って頂きたい1本です。

myaa1969
myaa1969さん / 2013年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリスマスにぴったりのラブストーリ

色んな要素を盛り込みアメリカのオムニバス映画を真似た作りだが、理想などが入っており、クリスマスってワードにはぴったり。特に木村文乃と東出昌大の二人はかなりピックカップル。ふせんの回収とつながり強化をあと少ししたら面白いかもしれない。

関
さん / 2013年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ケーキは君にもらうから。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

東京駅開業100周年を記念して、東京版「ラブ・アクチュアリー」
を目指して製作されたラブ・ストーリーなんだそうだ。
そうか、何も知らずに観に行ったので、やたら東京駅が映る理由が
よく分からなかった。最後にどっかで繋がっていく構成でもないし。
う~ん…確かに作りは似ているけど、原版とはちょっと違うかなぁ。

各エピソードはありがちな話ながら、クリスマス群像劇といえば
こういう流れなんだろうと察しはつくので、ゆったりと観られる。
ただ、せっかくの物語が俳優の力不足(若手には仕方ないのか?)
で、勿体ない印象を受けてしまうエピソードも多かった。
群像劇は短いシーン内で観客にどれだけの印象を残すかがポイント、
その印象が「あのヒト演技がヘタだねぇ」じゃ、可哀想な気もするけど。

また恋愛モノが多い面でも、かなりの説得力が必要になってくる。
例えば二本目の「遠距離恋愛」では、木村文乃が演じた彼女が巧く
共感力を齎し出すため、相手方の東出昌大が、演技でも恋愛でも
あまりに力量不足なのがアリアリと出てしまった。確かにあれくらい
不器用な男(仕事と恋愛のかけもちで)もいるのだろうが、もう少し
彼女のことを理解してやれよ、彼女だってどれほど大変な仕事をして
いるか、きちんと見て労ってあげなさいよ、と可哀相に思えてくる。
特に仕事に下らないだの楽だのと、そういう言い方は止めるべき。
ただ、男はああいう心境の時(仕事に追われているなど忙しい時に)
ああして押しかけられると却って退いてしまうのはあるよな~と思う。
いっぺんに色んなことを考えられないからね、オトコって。

軸となる玉木宏のエピソードは、最後のオチが良かった。
あの男も神経質で嫌味な奴に見せかけて、かなりの孤独王者だった。
最も共感してしまうのはやはり年齢のせいか「ニ分の一成人式」で、
ベタな演出の中で、自分の子供に尊敬される親に自分がなれたなら、
その喜びは尋常では語れない。時任三郎と大塚寧々と共に号泣した。
ところで一体何の病気だったんだよ。。。

その他のエピソードはどうも尻切れ気味で、浅い印象が強い。
ラストの大御所、倍賞千恵子の駆け落ち話など、当時の東京駅が
思い起こされ本来なら感動が最高潮になるはずだが、そうならない。
49年前の切符…マニアにはどれほど感動モノか(いやそうじゃなくて)

色気より食い気。
クリスマス前に観ると気分が盛り上がっていいのでは、と思う作品。

(やっぱりケーキよねぇ。あ、あのお弁当もすごく美味しそうだったなー)

ハチコ
ハチコさん / 2013年12月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくあるオバニズムのパターンだが

テーマ焦点が定まらず話の中身もよくありふれた単純な物語 繋がってる部分と全く別角度から話!!共通の目的と全話が繋がってほしかった!!

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2013年12月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思いっきりベタだけど、やっぱり泣ける・・・

クリスマス、そしてそれぞれが微妙に絡み合う6つのオムニバスストーリーと来れば、どうしても名作「ラブ・アクチュアリー」を想像してしまいますが、さすがにそのレベルと比較してしまえば、そこまででは・・・と言わざるを得ないでしょう。
しかしながら、やはりこの時期の雰囲気が成せる業なのでしょうか・・・目新しさもなくベタのオンパレードだったのに、何だかんだで泣けましたし、感動させられてしまいました!

クリスマスって、本当に「奇跡」が似合いますね・・・。
もうどうせなら、もっとやり過ぎなぐらいの奇跡を演出しちゃっても良かったのでは?
ありえないぐらいの奇跡が許されるのも、クリスマスの魅力だと思うので。

とりあえず、ゆずにJUJUに、出会いと別れを演出するには持って来いの東京駅に、奇跡を演出するバックアップ体制に関しては文句無し。
まあ話として多少の難点は見受けられましたが、それでもこの季節には最適な、とても心温まる素敵な作品だったと思いましたよ。

玉木宏(黒山和樹)・・・リアルにいたら本当に嫌な奴、飲み会でついつい陰口を叩きたくなる奴、そんな感じの嫌な上司キャラでしたが、さすが得意分野ですね、物凄く嵌り役だったと思いました。
彼は毎日レンタルビデオを見ていましたが、何の映画を見ていたのでしょうか・・・気になる!

高梨臨(佐々木玲子)・・・玉木宏じゃなくても、確かにこれは男なら放っておけない女性かも。
純粋に演劇を勤しんでいる姿を見ていたら、私も思わず好きになってしまいました(笑)

木村文乃(山口雪奈)・・・劇中の台詞通り、本当に面倒くさい女でした・・・が、これだけの可愛さ、失うと分かったら、絶対離したくないと思うのは当然でしょう!
遠距離恋愛で見せた様々な感情表現は、本当に秀逸だったと思いました。

東出昌大(津村拓実)・・・キャラ的には「ごちそうさん」の西門そっくり。
相変わらずイラっとさせつつ、最後にはおいしいところを持って行きますね~。

本田翼(大友菜摘)・・・はい、めちゃくちゃ可愛かったです!
でも、それだけのキャラだったのはちょっと勿体無さ過ぎですし、これをエピソードの1つとするのはさすがに強引過ぎでは?

市川実和子(岸本千春)・・・彼女のエピソードは施設の子供がメインだったので、あまり彼女自身のバックボーンが描かれていなかったこともあってか、それほど感情移入するには至らずでした。
でも、いつか親が迎えに来てくれると信じている子供が健気過ぎて、涙腺が・・・。

時任三郎(宮崎正行)・・・もうね、これは完全に反則ですよ(泣)
余命三ヶ月、息子を残して旅立つ無念さを考えたら、もう・・・。

大塚寧々(宮崎沙織)・・・こちらは残される側の辛さですよね・・・。
旅立つ夫、思春期を迎える息子、その板挟みを考えただけでも心が痛かったです。

倍賞千恵子(大島琴子)・・・さすがの存在感でしたね。
独身を貫いてケーキ職人とて生きてきた裏には、そんな過去があったとは・・・東京駅ならではの泣ける話でした。

小林稔侍(松浦泰三)・・・えっ~と・・・存在感としてはさすがでしたが、キャラとしては・・・とりあえず謝ってください(苦笑)
まあそのおかげで泣けたのですが ・・・。

ところでこの映画、クリスマスにはもう公開が終わっているのでは???
奇跡のロングランなるか、クリスマスに奇跡は起こるのか、ある意味注目です!

2013年12月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

12月3日の夜にユナイテッドシネマ浦和で鑑賞なう。 ただいま全国感動絶賛公開中。

メガステーションを背景に、6つのストーリーが交錯。JR東日本の全面協力のもと、2014年に開業100周年を迎える東京駅で、終電後に大規模な撮影を敢行。

ストーリー

「イヴの恋人」女性不信の男と、夢に破れた女の出会い。「遠距離恋愛」2人のきずなが試される遠距離恋愛。「クリスマスプレゼント」まだ見ぬ母を待ち続ける少女。「二分の一成人式」余命3カ月と宣告された新幹線の運転士。「クリスマスの勇気」憧れの先輩に告白できない女子大生に、勇気をくれたある出来事。「遅れてきたプレゼント」49年前のイヴに果たされなかった約束。

監督:本木克英

キャスト

玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、本田翼、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、倍賞千恵子、小林稔侍

2013年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣きまくりました

こんなに泣いたのは久しぶりです。
・・・・と言うか お涙ちょうだい映画は久しぶりでしたので。
胸キュン映画かと思いきや なんか とても泣かされました。

親子の話はめちゃくちゃ 泣きました。
子を持つ親はまさに はまります。
わかる わかる そうそう!共感しっぱなしの泣きっぱなしです。

色々な話が同時進行していくストーリーは私は好きです
こうして考えると今でも多くの人が様々な暮らしをして
泣いたり笑ったりしているのだなと
しみじみと感じました。

電車の好きな私は

新幹線 はやぶさが登場したシーンはテンションあがりました。
あの ブルーのようなグリーンの綺麗な色
登場人物もいいですが はやぶさの雄姿もぜひ 観てね♪

ほっこり して 良かったのですが
最後 もうひとつ どかんと 何かあったら
良かったかな・・・

でも とても 好きな作品です

「霧島部活やめるってよ」から気になっている 東出昌大
「侍戦隊シンケンジャー」でシンケンピンクを演じていた
 高梨臨(ビューカードのCMでも活躍中)
 この二人も好きで 観た作品です

ともちん
ともちんさん / 2013年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

36件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi