森に生きる少年 カラスの日
ホーム > 作品情報 > 映画「森に生きる少年 カラスの日」
メニュー

森に生きる少年 カラスの日

解説

世界最大規模のアニメ映画祭として知られるアヌシー国際アニメーション映画祭でワールドプレミア上映され、高く評価されたフランス製アニメ。森の奥深くで父親と2人きりで暮らしてきた孤独な少年が、初めて経験する街での生活の中で成長していく姿を、印象派絵画を思わせる美しい映像で描く。声優陣にはジャン・レノ、イザベル・カレら人気俳優が参加。さらに2010年に逝去した巨匠クロード・シャブロルが村の医師役を担当している。フランス映画祭2013にて上映。

スタッフ

監督
ジャン=クリストフ・デッサン
原作
ジャン=フランソワ・ボーシュマン

キャスト

作品データ

原題 Le jour des corneilles
製作年 2012年
製作国 フランス
上映時間 90分

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • 対象年齢10歳以上 ネタバレ! 日本では、東京国際映画祭などで上映されていますが、その際字幕のみでしたので最低限小学4年次の漢字能力と若干抽象的な表現に耐える能力が必要と思われます。以上の感想は、「みなと上映会」で未就学児童と... ...続きを読む

    minmin minminさん  2013年11月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi