101回目のプロポーズ SAY YESのレビュー・感想・評価

101回目のプロポーズ SAY YES

劇場公開日 2013年10月19日
2件を表示 映画レビューを書く

意外と好感触。

有名ドラマのリメイク、と聞くとちょっと不安が。高以翔目当てで期待せず鑑賞。ところが、違和感ない感じで、よかった!主役の二人がピッタリでした。武田鉄也さんの出演シーンもよかったな。

らべ
らべさん / 2014年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共に支え合うこと。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんで今さらリメイクしてるの?なんて思いつつ、
日中合作の本作を、ちょうど時間が合うからと観に行った。
オリジナルのドラマも見ていたが(確かにいい作品だったが)
いかにも奇を衒った配役の浅野温子と武田鉄矢よりも
こっちの方が良くないか!?と思えるほどのキャスティング。
いや~よく考えられている。テーマは同じだけどかなりいい。

簡単な話、身分違い(ってほどじゃないと思うけど)の恋愛が
成就するか否か、というラブストーリーには違いないのだが、
最近の日本でも「結婚するならこのくらいの収入がないと!」
っていう切実な問題がある。もちろん先立つものがなければ
生活というのは成り立たない。もっと言えば好みだってある。
顔とスタイル、価値観、親子関係、結婚ともなれば、イヤと
いうほど両家の繋がりをヒシヒシと感じることにも直面する。

が!それでも
一番忘れてはいけないのは、ココだといっているのが本作。
お互いを本当に愛しているか。共に生きたいと思っているか。
それを粗末に考えて結婚すれば、大抵の場合破綻してしまう。
何か起こればすぐに耐えられなくなるからだ。(自分本位)

今作でも冒頭からそれが見てとれる。
おそらく見合いの場でなければ出逢わなかった二人だろうが、
(しかも互いに別の相手)
会話のニュアンスやその後の行動場面で波長がピッタリと合う。
一緒にいて気にならない相手(空気というとまた問題あるけれど)
というのは、どんな場面でも自身の空間を侵そうとしてこない。
お互いに興味を持った二人は、生活空間を行き来するうちに
相手に足りないものが見えてくる。ホアンがイエのために作った
椅子に込められた想いは、押し付けるものではなく支えるもの。
この決定的な違いが、後に姿を見せる元・婚約者との相反になる。
過去の愛に傷ついたイエが自身の気持ちを確信するあの場面には
やはり感動してしまうし、婚約者との決着のつけ方も良かった。
オリジナルよりも説得力があるため、ある意味リアルで観やすい。

だいたい、お互いに初めから好きなのはもう分かってるんだから、
サッサとくっ付けよっ!!って、ヤキモキしながら観るのが定番。
武田鉄矢の特別出演もなかなか良かったけど
やっぱりどうしても、金八先生に見えちゃうんだよなぁー。
例の台詞場面はわりとアッサリ、テーマ曲は絶妙なところでかかる。

(スカーフの代わりに赤いきつねと緑のたぬきってのはどうだい?)

ハチコ
ハチコさん / 2013年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi