トランスのレビュー・感想・評価

メニュー

トランス

劇場公開日 2013年10月11日
57件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

やっぱりこの監督すごいわ~

やっぱりこの監督すごいわ~

3ミニスター
3ミニスターさん / 2017年9月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと繰りすぎ

凝ったシナリオは面白いと思います。でも、ちょっと繰りすぎでしょう。トリックが多くて、一発の驚きに欠けます。
途中まで面白かったんですが、ドロドロ劇になり始める当たりから失速、結局は微妙でした。とくにラストに近付くほど、ネタあかしに一生懸命で、映画としての質が落ちてくる。
セラピーと強盗という着眼点が面白いだけに、勿体ない感じがしました。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年1月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

三年前に観た映画だが、あまり内容覚えてない‥

うんこたれぞう
うんこたれぞうさん / 2016年11月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スタイリッシュ“モヤモヤ”サスペンス

「スラムドッグ$ミリオネア」でオスカー受賞後、「127時間」や間もなく日本公開される「スティーブ・ジョブズ」など意欲作続くダニー・ボイルが、その合間に手掛けたサスペンス。
絵画の競売人がギャングと手を組み名画を盗み出すも、ギャングのリーダーに殴られ、絵画を隠した場所の記憶を失ってしまう…。

映像、編集、音楽…ダニー・ボイルのスタイリッシュ演出は健在。
ストーリーも面白そうで、ダニー・ボイルならではのクライム・ドラマとして期待出来そう!
確かに序盤までは面白かった。

催眠療法が始まってから、夢か現か、モヤモヤとした感じに。
気付いたら、アレ、本当に夢の中に居た!(>_<)
もうちょっとスッキリしたものにならんかったものか…。

近大
近大さん / 2016年1月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後までわからない

最後までわからない

もりや
もりやさん / 2015年11月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

展開が面白かった

ジェームズマカヴォイ なんとなくこの人好きなんだわ。ストーリーは上手く説明出来ないけど、展開が面白かった。最後の女性の怒り爆発は、え!そこまでやる!?ってビックリしたけど、面白かった。

saorin
saorinさん / 2015年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったが複雑

とても面白かった。しかし最後にわかるがほとんどは主人公の幻想の映像でオチが読めず裏切られた感がすごかった。主人公は女性心理医師である。

素子
素子さん / 2015年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疲れた〜

面白かったけど、靄がかかったようなストーリー展開で疲れましたね。

最後に色々謎は説明されるんですが、それでも解りづらいところもあって、何がどこまでどうだったのか?
気持ちが晴れない感じです。

何回か観ないと私には難しかったかな。

ガブ
ガブさん / 2015年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか…

なかなか面白い話だった。最後の展開は見応えあった。

tuna
tunaさん / 2015年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待して

レンタルしたがガッカリ。頭の中の世界ならなんでもありの映像だから現実味がない。当たり前だけど。彼女も魅力的じゃないし。珍しい露出があるからメジャーな女優じゃないのか?あなたの好みって、、失笑でした。ラストも主役は誰?って感じだったし。

がい
がいさん / 2015年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐怖と興奮

まず、なぜ評価があまり高くないのか?
ということが引っかかる。
個人的には頭の中が掻き回されるような物語性、映像表現、音楽すごく良かった

「絵画を探す」というただ単純な映画では無い。

場面が変わり続け、「足元」がわからなくなり
「不安」が襲い、その不安を交わそうとこちら側は推理をする
その推理がさらに「不安」を掻き立て
この映画はさらに加速度を増し

一気に「恐怖」のどん底へ落とされる。

明るい曲や美しい曲が使われているがそのことがさらにこの映画を掴みどころのない映画にし

渦に飲み込まれたような感覚にさせ
最後まで飲み込まれ、この渦から脱出しようと足掻けば足掻くほどこの映画の罠にかかり「恐怖」の渦に飲まれて行く。

それを、素晴らしい「渦」だと思うのか。
釈然としない「渦」がつまらないと思うのかは人それぞれ。

マカヴォイは好きな俳優ではあるが彼の作品の中でトランス
の演技は素晴らしかった。
サイモンは「喜怒哀楽」がよく表にでる人物
そのことが「可哀想」となる。だがその子供のような素振り
はだんだんと「狂気」に思えてくる
そのような掴めない人物を見事に演じていた

かん
かんさん / 2014年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

主人公は誰なのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭の始まりからしても、ジェームズ・マカヴォイというキャスティングからしても、このストーリーの主人公は彼が演じるサイモンだと信じて疑わない観客が大半だろう。
これは“奪われた名画は何処に?”というサスペンスだと。
しかし、催眠療法の医師エリザベスがこの事件に関わってきた辺りから、疑問が生じ始める。
記憶を失くしたサイモンよりも彼女の言動の方が謎めいているからだ。
彼女の狙いは何なのか?

オスカー監督となっても、尚意欲的に新たな作品を手掛けるダニー・ボイルの姿勢は素晴らしいが、今作では些か観客を煙に巻き過ぎた、ミスリードが過ぎたように感じる。

真相をすべて彼女に語らせるのは、安易だし(二時間ドラマの崖っぷちのシーンを思い出す)、それまでの疑問がすべてが腑に落ちる気持ちよさよりも、バラバラのパズルを無理矢理嵌め込んだような割り切れなさの方が大きい。

ダニー・ボイルは監督デビュー作である『シャロウ・グレイブ』の後にこの脚本を受け取っていたそうだが、当時は映像化は難しいと撮影には至らなかったとのこと。
主役の交代(誰が主人公なのかというミスリード)というアイディア自体は面白いが、それをどう見せるかというハードルは高かったのかもしれない。

arakazu
arakazuさん / 2014年9月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DVDなどで二度見をおすすめします。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

はじめに。

私は一回目は字幕でさらっと見て、二回目は吹き替えで気になったところだけ観たんですけど、この話については劇場で観るよりは見返しの利くDVDがおすすめです。
(字幕だと暗に意味深で、吹き替えだと内容的にわかりやすかった気がする。どちらで見てもいいけど、理解しやすいのは吹き替えかもしれません。)

まず、とても一回目観ただけでは頭の中を整理できない…。

ゴヤの『魔女たちの飛翔』がオークション会場から強奪された事件に端を発する話。

序盤から主人公が語り手として登場する時点で、まず観るものは主人公サイモンを疑うし、〝なんだかこの話は二転三転しそうだぞっていう〟もんです。
しかし、それすらも計算のうちなんだね。

サイモン、彼の借金を肩代わりしてくれた知的犯罪者のボス フランク、彼が犯罪者だと知った上で協力を申し出てくる心理療法士エリザベス。

…話が進むにつれ、絵画の行方というよりサイモンの記憶の中や心理世界に比重が置かれてきて、現実なのか?仮想世界のことなのか?観ている側は大混乱です。
絵画の行方も3人のうちで一番腹黒いのは誰なのかも探るけど、男女の関係も絡んで着地だきるのか?…と心配になる。

結果から言えば、着地するし、映像に惑わされるけど、実はそんなに複雑なものでもない。
結局は男女のもつれから来る復讐劇というべきか…。

しかし…現実はどんなに有能な心理療法士でもそんなことまでできないだろう〜!
(たとえサイモンが希少な5%の暗示が残るタイプの人間だったとしても)
…と、ゆーかそこまで出来るとしたら怖すぎる。

万能心理療法士エリザベスの一人勝ちや意外といい人なフランクとのその後の関係を観るものに委ねる最後は良かったけど、主人公なのに見終わったあとのサイモンへの感想と言えば…『サイモン、最低だな…』と、これに尽きる。
(見終わったあと、エリザベスやフランクに味方する人が多いのではなかろうか?)

しかし…腑に落ちない点もいくつか残った…。
赤いアルマーニに惹かれる直前、あんなにタイミングよくメールが来るなんて…?
いつ絵画を盗むかもわからないのに、どこかでずっと見ていたのか?
または、記憶を失わなかった場合、どうやって絵画を受け取るつもりだったの?

…うーん、うーん。

しかし、劇中の『人は記憶を糸のように繋げて自己を保っている』っていうあの一言に尽きるな。

あなたが思っている現実が、他の人が記憶しているものと同じとは限らない。
そして、それが本物なのかも…。

それを視覚化したのがあの混乱を極めた美しい映像なんだろう。

くしくも、盗んだ絵画はサイモンの愛する聖なる昔ながらの絵画ではなく、近代絵画の先駆けゴヤのもの。そして『魔女たちの飛翔』ときたもんだ。

冒頭のレンブラントのように、劇中の主役こそ、全体像を拝めないとは…皮肉にも無駄がない。

腑に落ちない細かいところはある分星三つですが、二度見の価値は十分にあります。

今回の役的にはひたすら依存症の駄目男だけど、好青年も振り切れた悪い顔もできるジェームズ・マカヴォイ、もっといろんな役で見てみたいもんです。

2014年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中ヒヤヒヤしたが。。

この手の作品にありがちだが、細部があやしいな、、と感じた。
途中、大丈夫か?と心配になったが、最後の展開が、その心配を補い、かつ上回ったので、結果よかったと思える。

インセプションほどのアイデアも、複雑さも無い。

どんどんキャラ崩れして可愛くなる、フランクに笑えてくる。

映像と音楽は申し分ない。

kohakine
kohakineさん / 2014年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DVDで観るべし。

何重にも空想現実が混ざり過ぎる。
この手の映画ってオシャレ感はあるが何重にも混ざっちゃうと気持ちがなんでも有りって感覚になってしまって感情が入りこめなくなる。音楽は素晴らしい。映画には合ってないけど。取り合えずこの映画はDVDで何回か観ないけない映画です。

エイジ
エイジさん / 2014年5月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頭がグワングワンする作品。

サイモンの現実と記憶が入り混じる本作。
話が進むにつれて画面上の出来事が現実か虚実かが曖昧に。
今、起きていることは現実?虚実?虚実に見せかけた現実???
記憶や仮想世界といった『信頼できない語り手』が描く話は最後まで展開が読めず楽しめました。

ですが、この手の話は構造的な弱点があることも改めて感じました。

仮想世界と現実を行き来する話。
境界を曖昧にすることで展開を読み難くして衝撃の展開に持ち込み易い利点はあります。
一方で最早何でもアリという観客の置いてけ堀が出てくる欠点も。
今まで一生懸命読み解こうとしてきた話が無しなるなんて等、著しくリアリティラインが低くなるケースもチラホラ。
そのため話が納得する形で成立される「バランス」感は中々難しいように思われます。

その観点で本作を観てみると細部が結構甘め。
現実で起こっている事象を頭の中で整理してみても中盤以降の展開は呑み込み難い。
特に、男女関係の話。

個人的な希望としては現在のラストを踏まえた上であの登場人物が催眠療法士に治療を受けている、という形で改めて引っ繰り返してもらえれば更に面白かったような気がしますが。。
それはそれで台無し感があったやもしれません。

作品に翻弄され続けたい方。
オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2014年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

催眠療法士X ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「私、失敗しないので」と言うR・ドーソン演じる催眠療法士エリザベスのドヤ顔が真に迫って来そうな、現実と幻想、現在と過去が入り混じる催眠術は万能ですわよ、と言わんばかりのパブリック・リレーションズ作品。
「魔女たちの飛翔」と言うゴヤの名画が出て来るけど、彼女は魔女の末裔だったのか、と考えさせらてしまう。
頭を半分吹っ飛ばされたギャングの親分が突然喋り出すしさ。
どんでん返しと言っても後出しジャンケンで負けたような気がして何だか釈然としない。
また催眠術をかける際のドーソンの声にはα波があるのか、脳が活性化され、心身ともにリラックス状態にしてくれる。
男が女への未練をいつまでも断ち切れないでいる構図はいかにも現代的である。
最近はその手の事件も多いし。
パイ○ン好きには垂涎の1本!

みつまる。
みつまる。さん / 2014年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何回か見ないと

ダニー・ボイル監督何かやらかしてくれると思いながら彼の作品は鑑賞します。

音楽のサウンドが何とも言えなく耳にすう~っと入ってくる。そしてスピード感がたまらなく、謎が深まるほど引き込まれる。真実は何か?考えるほど引き込まれる映画でした。

催眠術という伏線を引きやすい感じのキーワードをうまく操っていました。最後の最後まで展開がわからないそんな感じでしたが、自分の理解能力が悪いのかもしれませんが、最後ちょっとわかりにくかったかなという気がしました。

何度も見るとわかってくると思うのでなんども見たいと感じました。

SENN
SENNさん / 2014年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トランス

結構おもしろかったです。
とり歩かっている題材を誇張して描いていないところが
やるな。
って思いました。
子供は見ちゃいけないことになっています。
その、問題のシーンは、ワ〇メちゃんが生々しいと思いました。
ルネサンスの芸術作品にはワ〇メちゃんは描かれてないでしょうに。
とてもそれっぽい曲がバックに流れているので子供か見たらさぞかし興奮するでしょう。
主要登場人物の人間関係や、気持ちの移り変わりが非常にうまく描けていると思いました。
そのお蔭でラストシーンがうまく決まってると思います。
英語は英語字幕みながら結構聞き取れました。
トーイック700点以上の人なら良い教材になると思います。

気取ろう軒
気取ろう軒さん / 2014年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過激なエロスにも意味がある ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

よく調べずに観たので、イメージではインセプションのようなSFチックな話かと思ってたら、普通にサスペンスでした。

この監督の光や色彩を駆使したスタイリッシュな演出は流石ですね。
音楽の使い方も相変わらず上手い。毎回サントラが欲しくなります。

なかなか先が読めませんでした。「絶対この女裏切るか、グルだわ」と思ってたんですが、それ以前の問題だったんですね。
あんな切ない話だとは思いませんでした。

そしてあのフルヌードにも意味があるとは…映画において意味のない場合のああいった描写(無駄に過激なエロ)は基本嫌いなんですが、これに関しては主人公が特異だというサイコな部分を強調するために重要なシーンだと思います。何より伏線になっていますし。

全編通してかっこいい雰囲気が漂っていて、特に銃を撃つマカヴォイがめっちゃかっこよかったので、ラストシーンもビシッとキメてくれたら文句なしでした。なんか爽やかな感じで終わっちゃったんで、ちょっともったいないなあという印象です。

催眠術って万能なんだね。怖いわー(笑)

ゼリグ
ゼリグさん / 2014年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

57件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi