ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金のレビュー・感想・評価

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

15件を表示 映画レビューを書く

実話

あらすじも読まずに実話という情報だけで視聴しました。おもしろいおもしろくない以前の問題で、ただただグロい。裏でこんな社会があることを知るべきなんでしょうが知りたくなかったです。

ドウェイン・ジョンソンが出ているからという理由で安易に見てしまったことを後悔しました。見た日1日憂鬱な気分で過ごしたことを覚えています。

M.Y.
M.Y.さん / 2017年7月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすがアメリカ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これが実話だっていうんだから、さすがアメリカ。

ケン・チョンがまたいい味出してたけど、本筋と関係ないのがちょっと残念。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

筋肉バカとはコイツらの事だ

日本劇場未公開のおバカ系クライム物。筋肉トリオが身代金誘拐をする話。
低予算ながらマイケル・ベイ&マークウォールバーグ&ドウェイン・ジョンソンと制作が豪華。
終始アゲっぱなしのテンションとスピーディな展開はさらっと見るのに丁度良い。

狂気の沙汰も見せ方を変えればこんなに面白い。間抜けだけれど本人達の必死さや真剣さが笑いを誘う。しかも実話だと言うから信じられない。馬鹿は罪なんだなぁ

yuitos
yuitosさん / 2017年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

馬鹿に付ける薬は無い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

珍しい日本劇場未公開のベイさんムービー。
これまた珍しい低予算の犯罪コメディ。

筋トレジムの筋トレマニアのトレーナーが、冴えない人生を変えようと、同僚2人と共に金持ち顧客の誘拐を企てるが…。

筋肉バカトリオによる出たとこ勝負の誘拐劇。
そもそも緻密な作戦に程遠く、実行してもグダグダ、が驚くなかれ成功し、全て上手くいったと思いきや、勿論ボロが出て、ターゲットを別に再び誘拐を実行するも、今度は見るも無惨な超グダグダ…。
一応彼らは人生を懸けて真面目にやってるし、一見シリアス風にも描いているが、やればやるほど何処までも滑稽。
しかも、またまた驚くなかれ、実話!(とあるシーンで“これでもまだ実話”のスーパーが出た時は笑った)
こんな世にもおバカな誘拐劇があったもんだ。

ノリのいい音楽に乗せてのスピーディーな展開、登場人物を中心にカメラが360℃回るなどお馴染みの演出は健在。
トレードマークである大爆発や大破壊など派手さは無いが、いつもの中身スカスカに比べ中身の面白さはなかなか。
ちょいちょいのグロい描写やブラックユーモアを織り混ぜつつ、ベイさんもこういう作品撮れるんだ、と何だか嬉しい拾い物。

マーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン、アンソニー・マッキーの筋肉3バカトリオ。
いつもの頼れるタフさとは違って、信仰心深くお人好しで非情になりきれないドウェインの役柄が良かった。
事件を調査する事になる探偵、エド・ハリスの安定の好演。
トニー・シャルーブ演じる誘拐された金持ちのイヤな奴っぷりもイラッ!(笑)

主人公が夢見たアメリカン・ドリーム。
日本人にはちとピンと来ないが、誰にもきっと平等にある。
が、それは、自分自身で努力した者に訪れるミラクル。
犯罪に手を染めて掴もうとするなんてもってのほか。
結果的に多くの犯罪に手を染め、裁かれる事になった3人。
ラストのナレーションが最も皮肉効いて笑え、痛烈だった。
「一番重い罪には問われなかった。馬鹿だった事」
これは何もこの3人に限った事だけじゃなく、世の中犯罪を起こす輩全員に言ってるような気がした。

近大
近大さん / 2016年6月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

実話だというからすごい

こんなことやってるから筋肉バカって言われるんだよ。
派手なCGとか爆破とかガチャガチャしたシーンがない分、見やすかったよマイケル・ベイ。面白かった。

naokishimada
naokishimadaさん / 2016年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バカだなぁ。ほんと、バカだなぁ。

「俺はやり手だ!」って急に目覚めてしまった筋肉バカ達が繰り広げる、「ファーゴ」ですね。
ほんと、バカ男しか出てこないんですよ。
筋肉バカはジムのトレーナーなんですが、お金持ちの会員を誘拐して口座の財産を全部盗もうとするんです。
でも、体につけているバニラ風味のコロンで、「ちょwおま!トレーナーだろw」ってばれちゃう。それにどんな時でも、筋トレを忘れないw
なんでしょう。マッチョな人がバカだというのは偏見だと思っていましたが、この映画を観ると「やっぱ、そうなのかも?」とか納得してしまいそうで怖いです。だってこの映画、"実話"なんですもの!

さとちゃ
さとちゃさん / 2016年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

また失敗した。

最近映画選びに失敗ばかり。
これも笑えるやつかと思って選んだのに、死体解体とか笑えない。
実話らしいけど、だからこそ尚更気分が悪い。
見なきゃよかった。

おこげ
おこげさん / 2015年8月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

筋肉に目が…

キャストが面白いし、シュールな部分もありコメディ風なのでツッコミたくなりますが、実話なんやと思うとなかなか笑えない…

ちょこれー
ちょこれーさん / 2015年5月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 筋トレマニアがそろっているので、動揺したら筋トレ、暇なら筋トレ、逃亡中も梯子で腹筋したりと、何かあったら筋トレというように至る所にベンチプレスの道具がそろっているところが面白かった。

 見事な肉体と精神が比例せず、体だけが立派になってしまっているバランスの悪さがとても切なかった。

 被害者が嫌なやつ過ぎて警察が捜査をしないところも、さもありそうで面白かった。暗殺に乗り込んで行くと、すぐに怪しまれるけどそれが逮捕に至らないところも、よかった。オウムの指名手配犯が警察に出頭しているのに、門前払いされる事件も記憶に新しく、絵空事ではない。

 アッパーなところはマイケル・ベイのテイストだった。

 アホな女に振り回されて計画が失敗するというようなありがちな話じゃなくてよかった。あくまで彼らがリアルにアホだからダメになるところがすごくいい。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えて笑えないベイ流実話

人体切断の黒いジョークとか、どんどん犯罪に染まってるのにほぼ本人達に自覚なしとか、えげつない笑いは癖になる(苦笑)最近『トランスフォーマー』で溜まった制約をドカンと爆発させたような印象もあって、なかなか面白い映画だったな。
しかし日本公開しなかったのは解せない。単館でも公開問題なかったのでは?

平田 一
平田 一さん / 2014年9月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あれ!?何気に面白かった。

ドウェインがあのキャラだとは想定外で面白かった。コメディっぽいんだけどちょっと子供には見せれないコメディ映画なんで大人向けの映画かな?ただコメディセリフもコメディっぽく吐いてないので最初は気持ちにちょっとブレるかも。ケンチョンも出演してるのでハングオーバーを観てればちょっとラフな感じで観れると思う。

エイジ
エイジさん / 2014年8月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マイケル米

アルマゲドン、パールハーバー、トランスフォーマーのマイケル米による、マークウォールバーグ&ザロックのバカマッチョな人々inマイアミ話。本当にマイケルはマイアミ感とマッチョイズムが好きなんだなと感心した。しかもアメリカイズムに対して、シニカルな視点を持っていたなんて。エメリッヒより上等だったなんて。マイケル米の最高傑作だと思う。ジムトレーナー3人が手を組んでお客の金持ちを誘拐して、エスカレートしてバラバラにしてた実話らしい。マークウォールバーグの短パン馬鹿っぷりと、ドゥウェインジョンソンが生真面目にコカインジャンキーを演じる感じが素晴らしい。

ssspkk
ssspkkさん / 2014年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実は小説より奇なり

映画のような実話とはまさに。

余りにお粗末でバカなボディビルダー3人が、アメリカンドリームを掴む為に人を殺し、金持ちへと成り上がる アメリカ人なら考えそうな馬鹿げた話を、マイケルベイお得意のコメディタッチで描かれ、至る所で笑わせてもらったが、この犯罪が実際にあったとなると見終わったあとに何か怖いものを感じる 痛快エンタテイメントとして仕上がり笑えていたのに、こんな感覚になったのは初めて
これを意図して作り上げたのならマイケルベイ監督は凄腕だと思う。

willstrong
willstrongさん / 2014年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最大の罪は

「最も重い罪は問われなかった。それはバカだったことだ。」というセリフ通り、メインの3人が揃って脳味噌まで筋肉のバカで、彼らの単細胞っぷりを笑えるかどうかが、本作の肝ですね。

自分もマーク・ウォールバーグ演じる主人公と同じチーフ・トレーナーの経験があるので、前半の会員とのやり取りや筋トレ風景を楽しめました。
「プロテインは何グラム?」「アミノ酸は筋トレ後?」などのマニアックなセリフには爆笑!

主人公が成功者になる事にこだわり、バックに星条旗を何度か写しているので、監督のマイケル・ベイはアメリカン・ドリームを茶化しているようにも感じました。
ベイと言えば、音楽ガンガン爆発ドカンドカンだが、本作のような低予算(2400万ドル!)のクライム・コメディも撮れることに驚いた。
アクションは控えめなので、いつものベイを期待しないほうが良いですよ(おなじみの、役者を中心に360度カメラが回るシーンは有り笑)

タイトルの「ペイン&ゲイン」は、ノーペイン、ノーゲイン(痛みなくして得るものなし)という意味の他に、アメリカのボディービル界でよく言われる言葉なので、それにもかけてるんじゃないかな。
「筋肉痛なくて筋肥大なし」てことです。
筋トレマニア必見の映画ですね(笑)

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2014年3月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑っていいの?

実話に基づいて作られた作品は何らかのメッセージと共に 感動したり学ぶことがあったりするのですが 本作品は…「苦労なくして利益はない」という教訓(ことわざ)を捻ったものに沿っている、とはいえ コメディ色が強く、加えてバイオレンス満載。つい気を許して観てしまうのですが「これって(実話なのに)笑っていいの?」と考え込むと 引いてしまいます。

フロリダのボディビルダー3人組は 金持ちを誘拐し、金や富を巻き上げるという犯行にでる。 しかしそれが 思わぬ方向へ流れ…というストーリー、実話。

主犯のダニエル・ルゴを演じた マーク・ウォールバーグ。 無謀で無知なボディビルダー役は 今までで一番ハマっていたと思います。 そのルゴに召集されるドイル役に ドウェイン・ジョンソン。 エイドリアン役に アンソニー・マッキー。“二日酔い映画”と張り合うには ちょっと重たすぎるキャスティングですが、実在の人物に合わせたのでしょうから まあ納得。アンソニーがいい体格をしているのに ちょっと驚きました。

しつこいですが、実話です。 個人的にマイケル・ベイ監督とは相性がいいので、作品自体の仕上がりは悪くないと思うのですが、(内容が)私の許容範囲を超えてしまっている 3.0評価。 ドウェインが もっと役に入りこんでいたら、マークとアンソニーとのバランスも上手くとれて タイトルももっと活きたと思いました。

Blue
Blueさん / 2013年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi