瞬間少女
ホーム > 作品情報 > 映画「瞬間少女」
メニュー

瞬間少女

劇場公開日

解説

余命わずかな少女2人が残された時間を生きる中で友情を育み、生や死と向き合うことで成長していく姿を描いたドラマ。身寄りもなく余命3カ月を宣告された18歳の少女・遥華は、「やり残したこと」を果たすため病院からの脱走を決意する。同室の少女・亜希もまた余命が少なく、亜希は自身の「やりたいことリスト」を手伝ってもらうことと引き換えに、遥華の脱走を手助けする。まったく価値観の異なる2人だったが、病院を抜け出し、さまざまな出来事や人々との出会いを通して、次第に互いがなくてはならない存在になっていく。監督は、これまでに数々のCMやWEBムービーなどの制作に携わり、オリジナル脚本の本作で劇場映画デビューとなった清水健斗。

スタッフ

監督
脚本
清水健斗
編集
清水健斗
音楽
Taisho

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 公野研究室(文京学院大学)
上映時間 101分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「瞬間少女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi