デッドマン・ダウンのレビュー・感想・評価

デッドマン・ダウン

劇場公開日 2013年10月26日
21件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

とてもよかった

全く期待してなかったが、とても面白かった!
新宿ミラノで観たのもよかった!

うんこたれぞう
うんこたれぞうさん / 2016年11月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しゃべりすぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

妻と娘を殺されたギャングの男と、交通事故で顔に傷を負った女が、ベランダ越しの挨拶から交流が始まるが、女は、男の殺人現場を見た事を公にしない代わりに、交通事故を起こした飲酒運転の男を殺して欲しいと依頼する。
男は腕のいい暗殺者で仲間を次々と殺していき、最終的にはボスも死んで、スカッと終わる。一方で、女から依頼された殺人は女の幸せを願って実行しない。

設定が面白くて、男の謎の動きに引きつけられる。一方で、少し凝りすぎて意味が分からない場面もしばしば。
女にペラペラと素性や計画を話してしまうのも微妙だし、恋に落ちるのも共感出来ない。最後の大ボス二人は、仲間割れで両者が打ち合って倒れるって、なんと微妙な復讐だ。

トタ助
トタ助さん / 2016年6月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

男と女と復讐と愛と

ある復讐の為に犯罪組織の殺し屋となった男。
ある日、隣のアパートに住む顔に傷を負った女と出会うが、殺しの現場を目撃され、傷を負わせた相手を殺すよう依頼され…。
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ監督のハリウッドデビュー作。

自国で優れた作品を手掛けたもののハリウッドに招かれ不発に終わる典型的な例。
力作「ヒトラー 最期の12日間」を撮ったオリヴァー・ヒルシュビーゲルが凡作「インベージョン」を撮った時のように。傑作「善き人のためのソナタ」を撮ったフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが駄作「ツーリスト」を撮った時のように。
デヴィッド・フィンチャー節が炸裂したリメイク版も良かったが、やはりあの濃密なオリジナルには敵わない。
あれほどの手腕を活かせなかったのは、特に目新しさも無い作品を任せたハリウッドにある。
むしろ監督は、
主人公の身元がいつバレるかのスリル。
ド○え○んならショック死してしまいそうな処刑シーン。
クライマックスのアクション。
傷を負った男と女の出会い。
仄かに芽生えるロマンス。
…など、ありふれた設定でも手堅い職人演出を披露。

バッドガイは今や昔、寡黙で義理人情ある主人公をコリン・ファレルが好演。
監督の頼もしい味方、ノオミ・ラパス。
作品によって美人に見えたりブスに見えたりだけど、本作は魅力的な方。
テレンス・ハワード、イザベル・ユペール、F・マーレイ・エイブラハムら多才な顔触れ。

近大
近大さん / 2016年3月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良かったが・・・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーもキャストも良かったんですけどもうちょっと、銃撃戦以外にアクションシーンが欲しかったです(^_^;)フルスロットルみたいに・・・・
でもコリン・ファレルの迫力ある演技は、最高でした!

kazuki
kazukiさん / 2016年2月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

えーっと・・・

ムービープラスをつけたら突如として始まったので、前情報なしで鑑賞。

ある組織に妻と娘を殺された復讐のため、名前を変えて組織に潜入しているビクター(コリン・ファレル)と、交通事故で美貌を失い、事故を起こした犯人への復讐をビクターに依頼したベアトリス(ノオミ・ラパス)。

・・・・。

・・・・・。

やばい。

内容が全然思い出せない。

ドラマ「Empire」「Wayward Pines」に出てたテレンス・ハワードがここでも悪役のボスで登場。
それしか思い出せない。

確かに最初から最後まで観たよな・・・?
けっこう楽しかった、と観終わったときには思ったはずなのに、なんでだ。

Chisa
Chisaさん / 2015年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話としては、まぁ普通やな。 どこかで見たとおもえば、ヒロインは、ミ...

話としては、まぁ普通やな。
どこかで見たとおもえば、ヒロインは、ミレニアムのリスベット役。

JK
JKさん / 2015年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ面白かったですよ。

コリン・ファレルの演技にはとても良かったし、ストーリー的に交通事故で顔に傷を負った女性と妻子を殺された男女の復讐劇!
ドキドキする場面もあればスッキリする部分もある作品です。
個人的にはヤられたから、やり返すのが全てじゃないと思うんですけどねー(笑)

iga-max
iga-maxさん / 2015年2月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあかな

妻子を殺害された男がその組織に潜入して復習するストーリー。
交通事故で顔に傷をおった女が相棒になっていくんだけど単純だったかな。

松ちゃん
松ちゃんさん / 2014年11月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コリンファレル

コリンファレルに引き込まれた。あまり期待しなかったが徐々にひきこまれていった。緊迫感のある映画だった。設定が面白かった。

てつ
てつさん / 2014年11月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ノオミ・ラパスに尽きる

妻子を殺された男と、交通事故で顔にキズを負った女の復讐と再生の物語。

シナリオ的にグッとくるところもあるし、なかなか面白った。

ノオミ・ラパスの演技がスゴい!

揺れる女心みたいなものを見事に体現している。ちょっとした仕草の演技などでも、そこに心を表していて観ている側はその心情を追うように観ていくと良く理解できる。

ノオミ・ラパスは『ドラゴンタトゥーの女』のリズベット役とは全然違う役(本作やプロメテウス等…)を上手くこなしていますよね。いい女優さんだと思います。

ラストは何となくハリウッド的ハッピーエンドなのは自分としては物足りないが、再生してまた前に歩み出すということだろうから仕方ないかな。

傑作とかではないですが、決して悪い作品ではないと思います。
何気なしに観ると、意外に面白いと感じられるのではいでしょうか。

あとはノオミ・ラパスの演技に注目です。

harukita
harukitaさん / 2014年10月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

面白かったけど、何か長々と感じた。
ハラハラしたけど、衝撃はなかった。
かっこよかったけど、キュンとしなかった。

て感じかなぁ…

最後の言葉はかっこよかったなぁ♥︎

ふつーに面白かったのは面白かった。

aco
acoさん / 2014年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

★ スカーフェイスの女

ノオミ・ラパスが顔に大ケガを負ったことで、生きる希望を失い、絶望の淵に立たされる女性を熱演している。
そんなに醜い顔だと思わないけど、 近所の子供たちは彼女を怪物扱いし、時には危害まで加えてくるのだから恐ろしい。
コリン・ファレルはマフィアよりも、アルバニア人の殺し屋集団よりも、まずこの悪ガキどもを何とか始末せんといかんかったね。
心に深い傷を持つ者同士の哀調を帯びた大人向けのラブストーリーは、北欧のどんよりとした薄暗い天候と相まって、終始辛気くさかった。

みつまる。
みつまる。さん / 2014年9月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コリンファレル

本家ドラゴンタトゥーの監督のハリウッドデビュー作らしい。舞台の場所がはっきりしない。アメリカにしてはちょっと晴れてなさ過ぎ、きっとロンドンだろうとか思いつつ判然とせず。主演女優はドラゴンタトゥーの刺青パンク女。今回は交通事故で顔半分に傷を負った女役。そう思うと顔の傷はスカーリングというか、刺青の一種に見えてくる。イザベルユペールが母親役。

ssspkk
ssspkkさん / 2014年8月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女微妙

これ女の人が良かったら割かし評価上がるような気がする。
なんか地味なアクション映画な感じだわ。
いろいろガンアクションはあるものの。
総合的に微妙な映画だったかな。

_M
_Mさん / 2014年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まずまず

妻子を殺された夫が、殺したマフィアに加わって復讐していく話。
アクションなんだけど、なんだか、陰鬱な映画だった。

MMTL_D
MMTL_Dさん / 2014年4月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

渋く複雑な感情が湧いてくる良作

この監督の作品は叙情的な表現が巧みで、よくあるアメリカのアクション満載の復讐劇にはなっておらず、複雑な感情がよく伝わる作品に仕上がっていると思う。
心に深い傷を負った二人の男女の運命が2年前の事件をきっかけに交錯し、意外な展開を紡いでいく
復讐に駆られ憎しみに呑まれ人格さえ変わり、仇の鬼と化す
似た傷を持ち憎悪に囚われる二人が、お互いを助け、惹かれあい、復讐を果たすことへの恐怖と、生き残る苦しみ、先へ進み出そうとする感情の中を彷徨い、葛藤する描写は見事
この先どうなるんだろうという期待感もありつつ、サスペンスに必要なハラハラする展開に映像の中に引き込まれた。
「ドラゴンタトゥーの女」では暗く深いストーリーと雰囲気で悲しい物語を描いたが、特徴とされる独特の世界観と、複雑に表現される感情表現で評価された監督の才能は、この作品でも存分に発揮され、最後までどうなるかわからないシナリオに、散りばめたキーとなるシーンをうまく結びつけ、展開する様は美しく素晴らしいと思う。音楽やテンポ、間のとり方にいたるまでこの監督にしか出せない味が滲み出てるいい作品だと思う。

willstrong
willstrongさん / 2014年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ゾンビから生者へ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

妻と娘を殺され復讐のため組織に潜入した男と、追突事故で顔も人生もめちゃくちゃにされた女。
復讐という感情のみが自らを生かしている、言わば生ける屍の2人が、お互いに影響を与え生きる目的が芽生えていく。

ストーリー自体も序盤はサスペンスだが、謎が明らかになるにつれてラブストーリーに変化していきますね。

オリジナルの「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を撮った監督だけに、メイン・キャラクターの複雑な心情描写(テレンス・ハワードは除く笑)は、単純なアメリカン・アクションに出てくるキャラとはひと味違い、ハリウッド・デビューの本作でも個性を出せていると思います。

だが、2人の心情変化の描写は上手いのだが、ストーリーの運びかたが雑なのが惜しいところ。
まず、得体の知れない人殺しに強引な復讐依頼をするところに無理がある。急に態度を豹変させるノオミ・ラパスを見せ、観客を驚かせようとしたため、無茶な設定にしてしまいましたね。
そして、完璧な復讐計画の最後のツメであるビデオを自ら配送しないビクター。その結果、計画が狂い力技でハッピーエンドに持ち込むクライマックス。これも、ベアトリスの2人で新しい人生を歩もうという切なる願いを描写する良いシーンなのだが、それを入れるための無理矢理感は否めない。

主役のコリン・ファレルは最近どの映画観ても、なんか役に合ってないな〜と感じていたのだが、本作での復讐心に憑かれているが、もとは普通のエンジニアで非情になりきれない男を切なく・渋く演じていて良かった!

ノオミ・ラパスも同様に、ハリウッドに進出して主役も張ったけど、全く魅力的(悪く言うとブサイク笑)に見えなかったのだが、さすがきっかけを作った監督だけに魅力的に撮ってますね。

エステに来たのに眉毛半分失ったオバハンは爆(笑)

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2014年4月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女が残念 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主演男優がかっこいいです。

女優はちょっと・・・。
そもそも顔を壊された女というのがどうも・・・。
もう少し共感できるところにしてほしかったです。
近所の子供に騒がれるというレベルの低いことが殺しの依頼とは。

(できればもう少し美人にして)エンディングで組織の金で手術してきれいに治っちゃいましたなんてハッピーエンドまで行くとすっきりしたんでしょうが、これはまた別の映画になっちゃいますから。
この冴えない女がいるからこそ主演が光るのでしょうね。
渋くて良い映画でした。

たまにしか見ません
たまにしか見ませんさん / 2013年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

復讐心を胸に出会った男と女

それぞれの復讐心を胸に出会った男女。
暗殺者ビクターのハードな復讐劇と、顔に傷を負い失意の女性ベアトリスの少々センチメンタルなお話が、奇妙なバランスで交錯し面白かったです。

ノオミ・ラパスが人との出会いや時の流れに移ろい揺れる心を丁寧に見せてくれたと思います。イザベル・ユペール演じる母親との親密で優しいやりとりも心に残りました。

グッドラック
グッドラックさん / 2013年11月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

え? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すごい雑な映画。理解できないところも多い。女の動機になんか裏があるのかなー、って見てたけど特にないし。主役男女の生きてる世界が違いすぎる上に、お互いの最後までずれたまんま。キャストがいいだけにガッカリ。

どどすけ
どどすけさん / 2013年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

21件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi