スティーブ・ジョブズ(2013)のレビュー・感想・評価

スティーブ・ジョブズ(2013)

劇場公開日 2013年11月1日
52件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

悪のジョブズ

ただの伝記だな。

若きジョブズの理想と現実。

確かに凄い人なんだけど、完璧な人間はいない。
得手不得手ってのがあるんだね~。
ジョブズは言葉のチカラは凄いけど、人との関係を築くのは苦手らしい…

特別面白くないし、映像美ってワケでもない。
1度見たら十分な作品。

それにしても、若きジョブズとアシュトン・カッチャーは似てたのね~。

n.yamada
n.yamadaさん / 2018年1月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒリヒリ

スゴイ人だったことは伝わるけど、こんな人生はシンドイな…

哲也
哲也さん / 2017年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛人問題は欠点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2016年にも別の内容だろうが映画化されたようだが、2013年のほうの映画をBSTBSで吹き替えでやったもの。アップル社の創造の話は申し分もなにも無いくらいの、現在のパーソナルなコンピューターとの付き合いの恩恵を与えた偉人だが、それ以前にキャンパス時代に婚外性交相手がいたような面は、創造性と関係がなく、ドラッグも含めて、そうした時代のヒッピーの走りだとしても、
そこは人間性としては崩壊していた汚点だと見なければいけないと思う。視聴者はその汚点も成功者への付属物だと勘違いしてしまうとひどい事になる。ヒッピー的な生き方を支持していたからと裸足を路上で歩きまわっていたことなども成功者の共通項でもなんでもない。強情なところがビジネスの交渉として良い面もあったが、私生活では愛人を妊娠させてしまうと冷たくあしらう。これは明らかに人間性としてアウトなのだが、これを勘違いして成功者への特殊性と考えてしまうと間違う。
こうしたフリーセックスの人間は社会を汚した。ビジネスとは関係ない。関係ないからこそ、それはいけない。ビジネスの面では、ガレージから数人で、アップル2によって華々しいスタートが始まる。
フォントを入れるか入れないかで疑問を呈したスタッフを即クビにしてしまったシーンもあるが、これなどはそういう社長もいるのだろうという、会社の性格で、そうではない会社に移動すれば良いのだから問題がないが、妊娠させた相手に同じようなことをするのは犯罪的である。ビジネスは違う世界なのだし、特殊な会社があるだけで、才能だけを要求する会社ばかりあるわけでもない。新製品開発のための抑制のない振る舞いについては気力ある指揮官となった。俯瞰やデザインの目が違っていたのだろうか。そしてジョン・スカリーという天才マーケッターを招いたようなプロデュース力ということなのか。こうした社史というのか経緯はさっぱり知らなかった。1984年が大きく取り上げられている。私が17歳の時。マッキントッシュの頃。ビル・ゲイツに盗人と電話で怒りをぶちまけたシーンがある。大体私に最初からわかるはずがないが、2人で始めたウオズニアックが会社を辞めると別れを告げるシーンがあった。取締役会でスカリーから創業者であるのに解雇された。ここら辺うっすらとそういうニュースを思い出す。スカリーが93年頃か退任。ジョブズはネクストという会社をしていたらしい。そして後のCEOから請われてアップル社に復帰した。これもニュースになったのをうっすらと思い出すような。そして社内で敵対したりするビジネスという非情さの場所。だがそれは経営陣クラスの話でもあると思う。問題は私としては、映画では見せていなかったが、別の女性とは3人の子供ができて別れずに過ごしたようだが、婚外性交によって別の母子家庭を作ってしまったという過去があったということ。これはビジネスの話とは別として、決して称賛されるような生き方ではなかった。そちらのほうが私としては意味がある。ビジネス世界も世界は動かしても、なにかさみしい内部の人間関係をうかがわせたりする。

Takehiro
Takehiroさん / 2017年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静か

スティーブ・ジョブズの一生は一本の映画に収まらない
展開が意味わからなかったし

でも見たほうがいい映画に割と出てくるので、私が理解できてないだけかな?

主演のアシュトンカッチャーはめちゃくちゃスティーブ・ジョブズによせてて、役作ったなぁと感じた!

はぐ
はぐさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジョブズの生涯は分かった

2016年公開のダニー・ボイル監督の作品も観てみたくなった。

映画野郎
映画野郎さん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

周辺の重要なトピックスを端折りすぎ

スティーブ・ジョブズのヒストリーはよく知られていることもあり、映画ならではの切り取り方をしたかったんでしょう。彼の人物像、とくに感情や思考といった内面に重点を置いて製作されているように感じた。
ジョブズ関連ではバトルオブシリコンバレー(このサイトに登録ない?)という完成された作品がすでにあっただけに、かぶらないように工夫した結果であるかもしれない。主演の演技に依存する演出で、周辺の重要なトピックスを端折りすぎ。
率直な感想をいうと、バトルオブシリコンバレーの遥か後方を行く出来。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年7月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スティーブ・ジョブズの半生。 2時間で詰め込んだ感は否めないので映...

スティーブ・ジョブズの半生。
2時間で詰め込んだ感は否めないので映画よりドラマでやってほしいかな。

ブラヒ
ブラヒさん / 2017年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●天才と○○は…

ジョブズの半生。類稀なるその才能。飽くなき情熱。巨人IBMに真っ向勝負。攻撃こそ最大の御なりというが如く。

中途半端な天才はたくさんいるけれど、本物は世界を変える。
ジョブズがスゴイのは、クリエイティブの才能だけでなく、経営センスをも兼ね備えていたとこ。
一介のエンジニアで終わらずに、1対世界で勝負する。
迷いはない。我こそすべて。決して上司やパートナーにはしたくないタイプだけど。

そう。世界はいつでも、たったひとりの天才によって変わるのだ。
経済や政治の世界では、そうした天才が企業を成したり国を扇動する。
そうやって世界や時代は進化と失敗を繰り返してきたけれど、ジョブズが残したモノは、革命的に世界を変える。

権力者じゃなくても。世界中どこにいても。ひとつの才能と切り口で。

協調性や人としての部分を後回しにして、彼が遺したモノを全力で享受しよう。
世界は一部の富裕層や権力者だけのモノではない。そう教えてくれるステキな一本。

うり坊033
うり坊033さん / 2017年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スティーブ・ジョブズとかアップルについて めちゃくちゃ知識ないと見...

スティーブ・ジョブズとかアップルについて
めちゃくちゃ知識ないと見てて意味わからんくない?
一生グーグルで調べながら鑑賞
しんどいわ!
スティーブ・ジョブズすごい奴ってよりも
嫌な奴ってことの方が主張ありすぎ…

こな
こなさん / 2017年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平凡な映画

確かマイケルファスベンダーだったはずだが…
と、思いつつ…
どうやらスティーブ・ジョブズという映画は2つあるらしい。
そしてこちらはマイナーな方。

退屈な映画だった。
ただあったことをさらっと話にしたような。
ジョブスってどんな人かも良く分からないし、
映画もドラマチックではなかった。

もういっこの方見なきゃ。

so
soさん / 2017年2月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらなすぎてびっくりした

つまらなすぎてびっくりした

55
55さん / 2017年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変人に憑依できる爽快なエンタメ

エンディングで実際の人物の役者の写真を比較して見せていることからもわかるように、2016年にダニーボイル監督で制作された同タイトルの映画と違い各役者がかなり本人に似せてきているなというのがまず最初の印象。後半に登場するジョナサンアイヴなんてもう、僕個人的には黄色い歓声をあげそうになった。

スティーブの奇人変人ぶりをネガティヴに描くことを極力せず、とにかく爽快なエンターテイメントに仕上がっていることは評価できると思う。これならApple製品についてもスティーブの変人ぶりについても深く知ることなく映画を楽しむことができる。

映画的な演出に感動するようなことはなく、「アシュトンカッチャーすげぇ」ということ以外強い印象は残らないためハッピーデートムービーカテゴリーに入れたいと思います。

shoz_
shoz_さん / 2017年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天才の軌跡

アップルの創始者、スティーブ・ジョブズの伝記映画。
アシュトン・カッチャー版とマイケル・ファスベンダー版を一気に鑑賞。
まずは、アシュトン・カッチャー版の感想から。

キャスティングについて。
スティーブ・ジョブズと言うと晩年の姿しか印象に無い為、アシュトン・カッチャーを配するなんてイケメン過ぎないかい!?…と思ったが、若き頃の姿が意外にも似ててびっくり。
エンディングでは他のキャストも本人写真と紹介され、こちらもかなりのそっくり度。

作風について。
王道の伝記物語。
放蕩の学生時代~仲間と共にガレージからの立ち上げ~画期的な商品の開発~そのワンマンぶりから次第に仲間や上層部たちとの確執が広がり~アップルを追われ~復帰。
スティーブ・ジョブズを知るには無難な作りではあるが、いずれも型通りで、殊に異端児の伝記としてはもうちょっと何かスパイスが欲しかった。
アップルを追われてからピクサーに携わっていたエピソードも描いて欲しかった。

実を言うと、ジョブズが産み出した商品を持ってる所かほとんど使った事も無い。iPhoneとかiPadとかiPodとか、何がどう違うの?レベル(笑)
“スティーブ・ジョブズ”という人物や何を作ったかは勿論知ってるが、その逸話などTVの番組などで“見てちょっと知った”くらい。
なので、ジョブズ本人やアップルについて知ったような事は言えないので、見て感じた事を。
つまり、“天才とは?”。

以前「セッション」のレビューでも似たような事を書いたが、天才のやる事は凡人には理解出来ない。
言い換えればそれは、前例の無い理解出来ない事をやるから天才なのだ。
天才はいつだって、孤高で孤独。
他を突き放し、他も着いていけない。
だがやがて、飽くなき探求心が、他の心を引き寄せる。
スティーブ・ジョブズはその塊だ。
アップルに復帰を乞われた際も、「それ見ろ、俺が居ないから」なんて卑しさは無い。(いや、実際はあったかもしれないが、本作からはそうは感じなかった)
ただただ、アップルの可能性と創造。
天才は不可能に挑戦し続ける。
クレイジーな人に乾杯!

近大
近大さん / 2016年7月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

他をも遠ざけるほどの信念をもてるのか?

仲間とともに大きくしていこう!より、より世界に問うために何をするかを貫けるのか?
自分の世界は周囲の人の世界と大差ない。自分の人生を生きるにはチャレンジしないといけない

em
emさん / 2016年3月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

情熱!

製品を愛する、情熱を持って開発することが世界を変える製品を作る。自分も頑張らねば!

kiwakiri
kiwakiriさん / 2016年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予習するとよいかも?

誇張の有無はあるかと思うが、実際に起こった史実に合わせて作られているのでジョブズの事を調べておくとなお面白いかも。

ジーコ
ジーコさん / 2016年1月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何か微妙

スティーブ・ジョブズが天才であったことは彼の功績から言わずものがなですが、この伝記映画を見ただけでは彼の凄さがほんの少ししか伝わってこず、まあ2時間で彼の生涯を描くのは不可能に近いですが、もう少し映画として見る者の心に響く見せ方が他になかったものか・・・。
勿論ジョブズ信者の方もこれでは納得できないだろうし、何か全てにおいて中途半端、とりあえず大体こんな人間性で大体こんなことをしてきた(と言っても途中までだったような)的なことをなぞった程度でしたので、どこか物足りなさを感じてしまった作品でした。

ただ、掘り下げ方は甘かったですが、主演のアシュトン・カッチャーの熱演や懐かしい時代背景もあって、普通にドラマとして楽しめる内容にはなっていましたね。
まあこれだけの人ですから、どうしてもプラスアルファとして何故そんなことが出来たのかを深く掘り下げてほしかった部分は多分にありましたけど。

しかしジョブズと言う人が、ここまでのクズ人間だったとは・・・(苦笑)
正直今まで人間性の方には興味が無かったので、これ見てかなり引きました。
世の中にこんな嫌なヤツもそうそういないのではと言うレベルのクズ人間、友情愛情クソ食らえ、人々の心を豊にした功労者の人間性は、むしろ知らない方が良かったかも。

ただ技術革新への溢れる情熱は、常人の枠を超えたこのぐらいの変人でもない限り、あそこまでのイマジネーションは生まれてこなかったのかもしれませんね。
メインが会社の権力闘争になってしまったのは映画的に本当に惜しい、もっと彼の革新的な世界を見たかったなぁ。
しかし彼を失ったアップル社の今後は、一体どうなっていくのでしょうか。
近い内にダニー・ボイル監督版のジョブズ伝記映画も公開されるようなので、そちらもできたら見てみたいです。

スペランカー
スペランカーさん / 2015年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一生をこの時間では無理があるか

当たり前だけど、ジョブの波乱の人生をたった二時間余りで伝えようとするのは無理が。。バタバタ感は否めない。

shota
shotaさん / 2015年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今一つ、何が言いたいのか?

この映画を観て彼が喜ぶのだろうか?
マック信者ではないが、尊敬しています。
もっと成功したシーンを盛り上げて、最初のシーンをラストに持ってきてほしかった。
これだと、成功したのかどうかわからない・・・?
ただの高級車に乗った破廉恥な自己中になってしまうのでは?

シネパラ
シネパラさん / 2015年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

え?

これが、スティーブジョブズを描いた映画?嘘だろ?笑

と思わざるを得ない出来。

もう少し、革命児としての描写がないと、只のそこらの経営者の伝記を見てるのとなんら変わらず退屈。

Mr.hippie
Mr.hippieさん / 2015年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

52件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi