私は王である!のレビュー・感想・評価

メニュー

私は王である!

劇場公開日 2013年5月11日
2件を表示 映画レビューを書く

大王も面目躍如。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本では先にビョンホンの「王になった男」が公開されたので、
これを観たら、な~んちゃってコメディですか?と勘違いする。
いや、それくらい設定がよく似ているのだ^^;

あちらが、かなり真面目に(笑いもあるが)作られたのと比べ、
こちらはよく出来てはいるけど、コメディ色がだいぶ強い。
主人公二役を演じるチュ・ジフンの軽やかな演技からは笑いが
絶えないが、そうはいっても実在の王(世宗大王)を描いており
これが韓国では最も有名な王だというのだから演じ甲斐十分。
とはいえ今作は、米の児童文学「王子と少年」からの要素を強く
取り入れ、王になる前、空白の三ヶ月間を描いたものだそうだ。
偉大な王にもこんな過去が…?と想像するのは確かに楽しい。

こちらも王とソックリな男が登場して、確信犯的に入れ替わる。
王の座を継ぎたくない三男・忠寧が宮殿から逃げ出し、そこで
ドクチルという男とぶつかり、服を交換して逃走するのだが、
護衛も見事に騙されて宮殿へ連れ帰る。そこで忠寧は庶民の、
ドクチルは宮殿の生活を体験する訳だが、ここは普通に面白い。
毒味する間もなく料理を平らげる様子や、下の世話のくだりは、
王になった~とほぼ同じ。違うのは庶民生活を味わっている
忠寧が政治問題に気付き、王としての気概を携えるところだ。
もともと後継者になる素質は十分にあったのだが、
読書ばかりで他者にまったく関心を持たず、身辺の世話なども
他人任せの甘えん坊で頼りない王子だった忠寧。
反対に王の座よりも愛するお嬢さまを追いかけ守るのを信条と
するドクチルは、彼女に真相を明かし、悪徳官吏の目を盗んで
宮殿からの脱出を謀るが…。

歴史を変えてしまう訳にはいかないので。
ここは、この二人がまたどうやって入れ替わり、歴史がどう
繋がっていくのかがラストの見せ場になってくるが、コメディと
しての要素がかなり強かった半面、纏め方もなかなか上手い。
王になった~の方では、いつ殺されるか分からない緊張感が
最後まで途切れなかったが、こちらはもうバレバレなもので^^;
コイツどっちだ??と周囲を欺く役回りをどう演じさせるかで
最後までダレることなく見事に王が君臨?する様子が描かれる。
涙は最後までまったく出なかったが…
各キャストの演技力と愛橋溢れるドラマ構成が万人受けしそう。

これなら世宗大王も面目躍如で笑ってくれるんじゃないか。

(韓流に疎い私もチュ・ジフンは映画に出てたので分かったぞ~♪)

ハチコ
ハチコさん / 2013年5月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひとり二人役、目つきひとつで印象かわるんですね〜。

こないだ観たイビョンホンの王になった男、とベースが同じな気がするんだけど少し史実にもとずいているの?
あちらはラストにあざみせて、ほんもんだろ!ってわからせたけどこちらは、あざ、使わなかった。
それにこちらのがコメディ色強かったですね。
コントドラマみたいなパターンがいくつもありました。きちんと全部クスッと笑えるし。
ダメダメな王の後継ぎが民を守るために責務に目覚めて行く様は充分楽しめました。
大砲やら筆ペンやら、発明家まで出てきて無駄なポイントでも笑えました。
それにしても、韓流映画、相変わらずオバサマのお客様多し!
男子がみても充分楽しめるのにな〜。

peanuts
peanutsさん / 2013年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi