台湾アイデンティティー
ホーム > 作品情報 > 映画「台湾アイデンティティー」
メニュー

台湾アイデンティティー

劇場公開日

解説

日本統治下で日本語教育などを受けて育ち、現在は晩年を迎えた台湾の人々が、たくましくひたむきに生きてきた姿をとらえたドキュメンタリー。1895年(明治28年)から1945年(昭和20年)までの半世紀、日本の統治下にあった台湾で日本語教育を受けた「日本語世代」といわれる人々は、2013年現在、人生の晩年期を迎えていた。第2次世界大戦や二・二八事件など、歴史のうねりに巻き込まれ、人生を歩み直さなくてはならなかった6人に寄り添い、彼らの語る過去の体験や日本に対して抱く愛情や悔恨から、未来を見つめていく。監督は、日台の密接な歴史をひも解いたドキュメンタリー「台湾人生」(08)も手がけた酒井充子。

スタッフ

監督
製作総指揮
菊池笛人
小林三四郎
企画
片倉佳史
プロデューサー
植草信和
小関智和
撮影
松根広隆
編集
糟谷富美夫
音楽
廣木光一
ナレーター
東地宏樹

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 102分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 台湾の人に学ぶ。 ネタバレ! 映画は自身の勉強不足や薄知を再認識させてくれるからいい。 監督の前作「台湾人生」を観ていないので知らなかったが、 台湾には未だこのような人々が数多く暮らしているのを知った。 歴史的に知っておいて... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2013年11月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「台湾アイデンティティー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi