スクールガール・コンプレックス 放送部篇
ホーム > 作品情報 > 映画「スクールガール・コンプレックス 放送部篇」
メニュー

スクールガール・コンプレックス 放送部篇

劇場公開日

解説

思春期の女の子の無防備で挑発的な瞬間を切り取った写真家・青山裕企の人気写真集「SCHOOL GIRL COMPLEX」を原案に、女の子同士の恋愛を描いた青春劇。希望ヶ丘女子高等学校放送部の部長・新谷マナミは、学園祭で披露する朗読劇の演目を決められずに悩んでいた。そんな時、バスケ部で問題を起こし退部になった三塚チユキが放送部に入ってくる。問題児だが謎めいた魅力で同性からの人気が高く、同級生の江里口フタバと禁断の関係にあるというチユキと接するうち、マナミもまたチユキの虜になっていく。ファッション誌「seventeen」専属モデルの森川葵、「インターミッション」「リアル鬼ごっこ3」の門脇麦ら若手女優が多数出演。

スタッフ

監督
原案
青山裕企
脚本
足立紳
編集
小沼雄一
音楽
宇波拓
主題歌
さよならポニーテール

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 S・D・P
上映時間 96分
映倫区分 G
 

関連ニュース:スクールガール・コンプレックス 放送部篇

スクールガール・コンプレックス 放送部篇の関連ニュース

映画レビュー:スクールガール・コンプレックス 放送部篇

平均評価
2.5 2.5 50 (全1件)
  • センスが欠けてる 女子高の狭い世界で描かれるガールたちの恋愛感情。 予告を見た時点では傑作になる予感がしたのだが…。 いくらでも面白くなりそうな要素があるのだが グッとくるショットもシーンもほぼ無し。脚本も唐突だ... ...続きを読む

    散歩男 散歩男さん  2013年12月19日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • スクールガール・コンプレックス 放送部篇のすべての映画レビュー
  • スクールガール・コンプレックス 放送部篇の映画レビューを書く

他のユーザーは「スクールガール・コンプレックス 放送部篇」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報