アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影のレビュー・感想・評価

アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影

劇場公開日 2013年4月6日
1件を表示 映画レビューを書く

ドキュメンタリーとしては単純な出来

だが、それ以上を求めるのも酷でしょう。
平凡だからこそ、押さえるところは押さえています。

彼の写真は、写真集が欲しくなるほど。すばらしく、孤独。
でも被写体はミュージシャンばっかだから、まとめて出すのはむずかしいでしょうね。

彼にとって孤独とは、飯の種。
それが前面に押し出されているので、彼の背中のショットが非常に多いです。
会話を断ち切り歩き出す背中は、彼が撮る写真のような孤独感が滲み出ている。
それでも、寂しさとは自分の世界を作るために必要なもの。

だからこそ、どんなに苦しくても、病気ではないしカウンセラーもいらない、と言います。
だって孤独がなくなったら、これから写真が撮れなくなって困ってしまうもの。

いずる
いずるさん / 2013年5月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi