空の境界のレビュー・感想・評価

メニュー

空の境界

劇場公開日 2013年2月16日
1件を表示 映画レビューを書く

恋愛とサスペンスと心理学の融合! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ヒロインである澤村悠子(河北麻友子)には記憶障害がありどうしても事件当時の事が思い出せない。そこにメンタリスト響翔(藏本天外)がカウンセリングに挑む。
響心理科学研究所所員達と澤村悠子のカウンセリング映像を元に研究・検証した結果、強制催眠の可能性があると響は考える。

強制催眠とは、強制的に暗示を仕掛ける事。記憶操作も可能である。

響は、その強制催眠状態の澤村悠子に催眠を施し、記憶を蘇らせる。

ここの辺りの描写がとてもリアルで面白い!

心理学監修であり、響翔役の藏本天外は実際に現役のメンタリスト。
2万4千人を超えるカウンセリング実績がある。
実際に同氏の実話を元にしているという。

その背景に松平駿介(井上正大)とのラブロマンス。

真実の愛、真実の人の在り方を考えさせられるドラマだ。

masudakatsutoshi
masudakatsutoshiさん / 2013年2月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi