マリリン・モンロー 瞳の中の秘密のレビュー・感想・評価

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

劇場公開日 2013年10月5日
2件を表示 映画レビューを書く

マリリンの本質を垣間見た気がする。愛しく哀しい。アーサー・ミラーと...

マリリンの本質を垣間見た気がする。愛しく哀しい。アーサー・ミラーとの結婚によって破滅へと導かれたのかもしれない。

マリリンを代弁する出演者達も圧巻。

hctcl
hctclさん / 2015年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛すべきひと

マリリン・モンロー
この名前の持つ響きはなんともいえない思いを抱かせる。
彼女ほど、揺れ幅が大きいひとも珍しいだろう。
例えば、自分に自信が持てなくて、アクタースクールに通い直すひとりの女優。それとは、反対に自分の価値を見直して、ギャラアップを要求する大スター。
例えば、自分を愛してくれそうな男たちとは、すべて恋に落ちてしまう
女神のような女。そういう彼女に対して、嫉妬してしまう夫たちのこと、わかっていてもそうしてしまう尻軽女。
そんな揺れが彼女の多面性と複雑さを現しているように思う。
でも、それはマリリン・モンローだけの話ではない。
人間にはすべて、そんな要素を持っているのではないか。
そのなかで、そのエキスを拡大してその場、その場で、演じているのが人間なのではないか。多かれ、少なかれ、顕在化しているか、潜在化しているかは別として。
ただ、それを虚構のなかで、実際に演じるのが、女優というものだろう。そういう営みを見せてくれたのがマリリン・モンローというハリウッドスターだったのだと思う。

xtc4241
xtc4241さん / 2013年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi