エンド・オブ・ホワイトハウス
ホーム > 作品情報 > 映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」
メニュー

エンド・オブ・ホワイトハウス

劇場公開日

解説

ジェラルド・バトラーが製作・主演を務め、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、メリッサ・レオら豪華キャスト共演で描くアクションサスペンス。アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが……。「トレーニング デイ」「ザ・シューター 極大射程」のアントワン・フークワ監督がメガホンをとった。

作品データ

原題 Olympus Has Fallen
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 アスミック・エース
上映時間 120分
映倫区分 PG12
 

インタビュー:エンド・オブ・ホワイトハウス

映画と現実がシンクロした、ジェラルド・バトラー製作・主演のテロ攻防劇
エンド・オブ・ホワイトハウスのインタビュー

地球上で最も強固なセキュリティを誇るはずのホワイトハウスが、北朝鮮のテロリストの奇襲により15分で陥落し、大統領が人質となる。この恐ろしく大胆な設定の新作「エンド・オブ・ホワイトハウス」で、ジェラルド・バトラーは敵地となったホワイトハ...エンド・オブ・ホワイトハウスのインタビュー

関連ニュース:エンド・オブ・ホワイトハウス

エンド・オブ・ホワイトハウスの関連ニュース

映画評論:エンド・オブ・ホワイトハウス

豪快さと生々しさが混在する大統領官邸の“陥落”劇
エンド・オブ・ホワイトハウスの映画評論・批評

9・11テロの際も攻撃を免れたホワイトハウスは、200年を超す歴史上、テロリストに制圧されたことも破壊されたこともない。SWATの狙撃手が24時間態勢で警戒の目を光らせ、地対空ミサイルまで配備されているといわれる鉄壁の要塞。アクション...エンド・オブ・ホワイトハウスの映画評論・批評

映画レビュー:エンド・オブ・ホワイトハウス

平均評価
3.4 3.4 50 (全46件)
  • よくある展開 よくあるストーリーだと思います。 とにかく次々と人が殺され、主人公も敵をバンバン躊躇なく殺していきます。 アクションの見ごたえはあるけど、後に何も残らなかった。 ホワイトハウスが簡単に制圧される... ...続きを読む

    まいころん まいころんさん  2014年12月1日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 以外と面白かった! 映画予告が微妙でテロの設定が北朝鮮だったから、B級感が強そうで見てなかったけど、以外と面白かった!予算がなかったのかCGやらセットやらちょっと安っぽい所があったけど、ジェラルド バトラーが最強す... ...続きを読む

    aco acoさん  2014年10月31日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ひたすら殺すだけの映画 感想としては結構面白かったです 主人公が無双していくありきたりなストーリーです ホワイトハウスがテロにより半壊という凄すぎる設定でとてもワクワクしました ただグロ過ぎてなんとも言えないシーンも多... ...続きを読む

    るり るりさん  2014年9月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • エンド・オブ・ホワイトハウスのすべての映画レビュー
  • エンド・オブ・ホワイトハウスの映画レビューを書く

他のユーザーは「エンド・オブ・ホワイトハウス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画