神様のカルテ2(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

神様のカルテ2

劇場公開日 2014年3月21日
4件を表示 映画レビューを書く

よかった!! ネタバレ

泣いた!感動!
貫田内科部長が死んでしまうところ…泣ける

いわし
いわしさん / 2017年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

傍にいなくても、気持ちは寄り添える ネタバレ

映画「神様のカルテ2」(深川栄洋監督)から。
さすが、続編が製作されることだけあり、
ストーリーがしっかりしていて、安心して観れた。
今回は、医者とその奥さんという、3組それぞれの夫婦関係が、
とても爽やかに、私の心に残った。
たぶん作品の根底に、お互い忙しく仕事や生活に追われているが、
「傍にいなくても、気持ちは寄り添える」という考えが流れていて、
作品全体に、それを意識した、温かい夫婦愛が散りばめられていた。
特に、柄本明さんと市毛良枝さん演ずる夫婦の関係は、
ふたりにしかわからない距離感があり、程よく支えあっている。
その夫婦の歴史が支えになって、若い奥さん役の宮﨑あおいさんが呟く
「一番苦しい時に限って、私がいることを忘れてしまう」という
一方通行の想いを、熟年夫婦役の市毛良枝さんが、見事に
「傍にいなくても、気持ちは寄り添えるのよ」と双方向の想いに変え、
出産間際の若夫婦に、言葉のプレゼントをしたのではないだろうか。
じっくり考えてみると、それは、多忙の医者の夫婦に限らず、
どんな職業の夫婦でも、いや、遠距離恋愛の恋人たちにも通ずる
大切なフレーズとして、輝きを増してきた気がする。
もちろん、女性側だけでなく男性側も、こんな考え方を持てたら、
より素敵な夫婦生活が送れるに違いない。
私も愛用の手帳に、メモしておこうっと。

shimo
shimoさん / 2015年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真の助け合いを。 ネタバレ

シリーズ二作目。
原作は相変わらず読んでいないが、一作目を観ているので
すんなりと主人公夫婦の世界に入ることはできた。
好き嫌いの分かれそうな描き方ではあるけど、地域医療が
抱える問題というより、今回は共働き夫婦全体が抱える問題
になっているな、と感じた。
子供が生まれれば、生活が今までのようにはいかなくなる。
子供って、絶対今日は困るんだ!という時に限って熱を出す。
仕事仕事で隙のないスケジュールを生きる夫婦には、
どちらかが仕事を削って面倒をみなければならない時がある。

今作で登場する一止の同期・進藤の言葉に、それを思い出した。
進藤の妻は小児科医で忙しく働いている。たった一日の休みを
とったその日に亡くなった子供の遺族から不在を責め立てられ、
精神的に参ってしまい、以来子育てを夫に押し付けている状態。
業を煮やした進藤が子連れで一止の働く病院に赴任してきたの
だが、保育園の迎えや世話で、担当医本来の業務に没頭できない
状態が続く。そこで進藤の投げた疑問が「夫婦って、何なんだ?」

それに対する応えを出すのが一止の妻・榛名と恩師の貫田夫妻。
どちらも忙しく働く夫の傍で、妻が黙々と支えているのだが、
もちろん寂しくない訳ではないし、何の不満がない訳ではない。
お互いに夫の仕事が何であるかを理解し、応援し、協力するのみ。
逢える時に逢い、話し合い、支え合い、赦しあっているという
いわば夫婦の理想形。こんな奥さんだったら夫は嬉しいだろうね。

進藤家はその逆パターンになるのだが、もし子供が生まれたなら
当然そういう時期がくることを初めに予期していたはずである。
医師は患者が第一なのは致し方ないが、医師にだって家族はいる。
その協力をチーム全体で補ってあげるべきじゃないかと私は思う。
何でも一人で抱え込むと(特に子育てには)ろくなことがない。
最近は大型マンション内や企業内に保育施設が設けられている。
病院内にも働く医師のための保育施設が作られるべきだと思った。

そもそもこういった重労働で睡眠時間すら僅かだという医師達を
診てもらう患者側も、もっと知らなければいけないと思った。
彼らが倒れてしまったら、私達の救急要請に誰が応えてくれるの。
健康第一を謳う医師が、不健康第一では困る。
難しい問題ではあるけれど(どの企業・団体に於いても)せめてもの
改善を促す一項目にはならないものだろうかと、今作を観て思った。

タバコをやめましょう、身体によくない。といいながら、
ああやってタバコをふかす医師を見て、いかにストレス重篤かを
考えさせられてしまった。

(仕事も子育ても身体が資本。神様のカルテを遺すより長生きしてね)

ハチコ
ハチコさん / 2014年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった! ネタバレ

とても心温まる話だった。

内容は本を読んでからの方が良い気がした!
人生の話だから仕方ないのかもしれないが終わり方がもう一息!という感じだった。

風景、サラブライトマンの音楽が最高に素敵だった。

ちい
ちいさん / 2014年3月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi