神様のカルテ2のレビュー・感想・評価 (2)

メニュー

神様のカルテ2

劇場公開日 2014年3月21日
40件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

番い

現行の医療制度の限界と、仕事と家庭というどこの家庭でも起きてそうな問題を題材に、全編に一止と榛名の愛の物語が紡がれていた

大切なのは理屈ではない
傍から見て「家庭を顧みない、仕事優先」的な一止でも
榛名にとっては仕事を頑張る夫がすべてであり、そんな夫を支え、慈しむことだけでも彼女の中で十分に幸せを享受できる
そして同じく強い責任感で仕事に臨んでいた貫田さん、最期の「ありがとう」という言葉だけで奥さんの人生はとても素敵なものに昇華する

二組の夫婦の絆、とても素敵でした。

そして、一止と進藤、貫田と高山こちらも二組の今度は友情を描く
お互いが認め合い、尊敬し敬いあう、だからその人のために本気でぶつかる

愛情も友情も、結局相手を思いやり尊敬しあい助け合う
必要なのは「そろばん」などではない、相手を思う心だ

簡単に「イイね!」がもらえる時代
一番大切な人の「イイね!」をもらえるように。。。

ripc02
ripc02さん / 2014年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なにこの垢抜けた感じ。

いっつも思うんだけどもさ。

翔くんって演技すると「ただの櫻井」って言われてるんだよね。
おそらくそれって、演技してる時にもすごく我が出てるからだと思うんだけどさ。

例えば嵐さんで考えると、ニノとリーダーは憑依型、松潤と相葉君、そして翔くんが計算型かなと思うんでさ。

なんだろう、全部翔くんなんだよ。あぁ翔くん演技してる、って感じるんだけども、全員同じ人には見えないの。
全員翔くんの雰囲気が漂ってるんだけど翔くんじゃないの。「櫻井翔がアイドルじゃなく◯◯だったら」っていうのが演技になってる。
昔の先輩ROCK youで高橋一生が言ってた「この役が自分の人生の延長上にあると思って役作りをしてる」と話しているのをいつも思い出します。

神様のカルテ2はそういった観点から考えるといちばん櫻井翔っぽくない憑依した役だったと思います。素敵です。

miyatto
miyattoさん / 2014年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣くよね

前作と同様に、登場人物やストーリーが原作とは違ったオリジナルストーリー

それでも、原作よりもいい内容だから凄いと思う

命や人と向き合う医師
その難しさとか葛藤とか、繋がりとか人生とか
見た後に心が洗われる内容の濃い作品

m.m.kazu
m.m.kazuさん / 2014年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

山岳部だったので共感できる映画でした

宮崎あおいと柄本明の演技がとても良かったので、映画が締まりました。北アルプス常念岳の星空は学生時代に見たことがあったので、正しく映画のシーンと重なりました。

konkon
konkonさん / 2014年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

医療の大きな問題

医師の数が足らないために、疲弊してしまっている医療現場を描いている。医師が人並みの生活を送れず、家庭が崩壊しかかっていることに対して問題提起している。
しかしながら、当然解決策はなくて結論は曖昧のまま。もやもやする感じ。先輩医師の死の間際の演技は迫力があり必見。

もと
もとさん / 2014年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当に良い映画です!

日本映画の良さを改めて感じました。

優しくて心地良く穏やかな気持ちになれる本当に良い映画です。

映画にありがちな事件とかサスペンスとか大逆転があるとか

そんなものよりも、深くて優しくて大切なものが有る映画です。

キャストも良かったですし、柄本明さんの名演技に涙がでました。

医療映画の堅苦しさは無く、人との絆や家族の大切さを感じ

させてくれます。

大切な人を連れてもう一回観たいなと思っています。

アマノ
アマノさん / 2014年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心が暖まる話

現実的と理想的が混ざっているが、それは関係なく。心が暖まる話だ。特に長野の風景と桜井翔、宮崎あおいこの二人が妙にあっている。そこにプラスされるのが都会的な夫婦の藤原竜也と吹石一恵。さらに先人の柄本明と市毛夫妻。この夫婦をうまく使ってる。それぞれの形があることを教えてくれる

関
さん / 2014年4月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真の助け合いを。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シリーズ二作目。
原作は相変わらず読んでいないが、一作目を観ているので
すんなりと主人公夫婦の世界に入ることはできた。
好き嫌いの分かれそうな描き方ではあるけど、地域医療が
抱える問題というより、今回は共働き夫婦全体が抱える問題
になっているな、と感じた。
子供が生まれれば、生活が今までのようにはいかなくなる。
子供って、絶対今日は困るんだ!という時に限って熱を出す。
仕事仕事で隙のないスケジュールを生きる夫婦には、
どちらかが仕事を削って面倒をみなければならない時がある。

今作で登場する一止の同期・進藤の言葉に、それを思い出した。
進藤の妻は小児科医で忙しく働いている。たった一日の休みを
とったその日に亡くなった子供の遺族から不在を責め立てられ、
精神的に参ってしまい、以来子育てを夫に押し付けている状態。
業を煮やした進藤が子連れで一止の働く病院に赴任してきたの
だが、保育園の迎えや世話で、担当医本来の業務に没頭できない
状態が続く。そこで進藤の投げた疑問が「夫婦って、何なんだ?」

それに対する応えを出すのが一止の妻・榛名と恩師の貫田夫妻。
どちらも忙しく働く夫の傍で、妻が黙々と支えているのだが、
もちろん寂しくない訳ではないし、何の不満がない訳ではない。
お互いに夫の仕事が何であるかを理解し、応援し、協力するのみ。
逢える時に逢い、話し合い、支え合い、赦しあっているという
いわば夫婦の理想形。こんな奥さんだったら夫は嬉しいだろうね。

進藤家はその逆パターンになるのだが、もし子供が生まれたなら
当然そういう時期がくることを初めに予期していたはずである。
医師は患者が第一なのは致し方ないが、医師にだって家族はいる。
その協力をチーム全体で補ってあげるべきじゃないかと私は思う。
何でも一人で抱え込むと(特に子育てには)ろくなことがない。
最近は大型マンション内や企業内に保育施設が設けられている。
病院内にも働く医師のための保育施設が作られるべきだと思った。

そもそもこういった重労働で睡眠時間すら僅かだという医師達を
診てもらう患者側も、もっと知らなければいけないと思った。
彼らが倒れてしまったら、私達の救急要請に誰が応えてくれるの。
健康第一を謳う医師が、不健康第一では困る。
難しい問題ではあるけれど(どの企業・団体に於いても)せめてもの
改善を促す一項目にはならないものだろうかと、今作を観て思った。

タバコをやめましょう、身体によくない。といいながら、
ああやってタバコをふかす医師を見て、いかにストレス重篤かを
考えさせられてしまった。

(仕事も子育ても身体が資本。神様のカルテを遺すより長生きしてね)

ハチコ
ハチコさん / 2014年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

号泣

あんなに泣いたのは久しぶりでした。
私も医師を目指してる者としてとても感銘を受ける作品でした。
最近てきとーに過ごしてる人や毎日がつまらない人! この映画観たらなんか変わると思います。ですぎたことを言ってしまいすいませんでした。
涙を流すことはいい事です!
是非一度ご覧になってみて下さい!
命が輝いて見えるから…

やす
やすさん / 2014年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一止の成長物語

医者としての葛藤や苦悩を物語る作品であるから、主に病院の中での話の展開にはパターン化してしまうのはある程度無理のない事ではあると思っていたが、ひと捻りが欲しかった。
櫻井翔は前作に比べると、その演技力が格段に上がっているのにはファンならずとも驚くのではないかと思う。 藤原竜也というデビュー作から演技派と高い評価を得ている俳優と競演と聞いて前作で加賀まりこさんに持っていかれた感があったので、内心観るのが怖かった。しかし、そんな危惧は吹っ飛んでしまった。スクリーンには櫻井翔ではなく、しっかりと栗原一止が存在していた。
宣伝では夫婦で観てねと言っていた。私には一生を賭けたいと覚悟した仕事をいかに自分に誠実に向き合い次にどの様な形で繋いでいくか、仕事に悩んでいる若い方々に見てほしいなと感じた。

nikomiko
nikomikoさん / 2014年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作よりも

微妙な役作りやキャスティングで、ちょっと精神的にしんどいかな…と思ったけど、問題なく観れました。
そして、タイトルである神様のカルテもわかり、前作よりも総じて良かったと思った。
3が公開されたら?
もちろん、観に行く。

kawauso
kawausoさん / 2014年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通の病院日本映画

日本の病院のストーリー、外国の病院とは違う感じです。
宮崎あおいさんが望遠鏡の宣伝をしてます、あと ゲゲゲの女房 の女優が出演してます。
眠くなる映画です。
でも興味の有る人には面白い映画です。

考えごとeiga
考えごとeigaさん / 2014年3月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽やかで楽しめる映画

面白かった。感動一辺倒ではなくほどよく笑いや問題提起を織り交ぜつつ話しが展開していて、違和感なくストーリーを追っていけた。取り方によっては重いテーマを含んでいるのに、深掘りはせず、あくまでエンターテイメントの体裁を保っていたのもこの映画に合っていたと思う。

唯一、クライマックスのあたりで、カットされたせいなのか、辻褄が合わないシーンもあったのが少し気になった。とあるものがででーんと置いてあるのにまったく使われなかったのなんで。。。

原作もドラマも前作の劇場版も未見だったものの、ストーリーの流れを追うのには苦労せず、今作だけでと十分に楽しむことができた。

soji
sojiさん / 2014年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やばい!

2めっちゃよかった
泣ける(泣)
愛する人大切にせなあかんなって改めて思った映画やな
続編また出て欲しいwww

myu
myuさん / 2014年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸に響く良作

良い作品だと素直に思った。役者陣は好演しているし、単なるお涙頂戴の話ではないのもいい。
地域医療の実状を描いてはいるが単に医療ものという括りではなく、人と人とのつながりといかに生きるかを描いている人間ドラマだと思う。
一見テーマが重く退屈そうだが、そうでもない。テンポがよく、笑えるシーンもある。だからといって軽薄な感じはない。
何度も涙して、だが観賞後には爽やかな思いが胸を満たすのも、なんだか気持ちがよかった。
主人公夫婦がふんわりしているのでカップルや女性向けと思われるかもしれないが、男性も十二分に楽しめる作品だ。むしろ男性の方が共感が大きいかもしれない。

前作では主人公の住まう御嶽荘がファンタジックに過ぎる気もしたが、今作では浮世離れしてはいるがとても居心地のよさそうな古い下宿になっていて良かった。主人公の妻・ハルの“男の理想の妻”っぷりは相変わらずだが、夫を支えたいという健気さと必死さは前作より人間くさくて可愛らしかった。

はな
はなさん / 2014年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間

多分、数年前の自分なら、ありがちなストーリーだとか、設定に無理があるとか色々物申したかもしれない。でも、今の自分にはあまりにもしっくり来る。素直に泣いた。生まれて、生きて、死んで…。人間って結局それだけ、細胞の塊で、DNAに支配されて、巨人のエサでって…違うか(笑)柄本さんの演技は私が見た役者のパフォーマンスの中では史上最高だった。単純な私は、あの演技を見て人生観が変わった。女優になりたい…それも駄目でしよ!いやあ、只々生きたい!生きる意味とか、存在感とか、自分探しとか、どうでも良い!生きるために生きる。人生の目標は生きる事!それで良いじゃん!って何だか思った。一作目より出来が良い。シリーズ化希望です。

ころけーしょん
ころけーしょんさん / 2014年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中々良くなった作品

前作は微妙な出来栄えであったが、今作では幾分まともになった
相変わらず櫻井翔は力不足で、他の出演者に比べ大きく見劣りしてしまい、増してや情けない体格になってしまってまでいるが、話自体は中々巧くまとまっていて、面白かった
今作に関しては、原作は未読なので、一概にそういうことは言えないかも知れないが
ともかく、もう一度観に行ってもいいくらいの出来栄えである

ただ、出演者には関係ないが、前作から続いている「神様のカルテ」を無理矢理台詞に導入する行為はいささか気に食わない
蛇足である
恐らく次作も作られると思うので、導入するならばせめて違和感のないようにする工夫を凝らして欲しいものだ

Possessed Antichrist
Possessed Antichristさん / 2014年3月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

厳しい地域医療の現場が垣間見れます

70万部を超えるヒット小説小説『神様のカルテ2』を下にした作品。概ね原作に沿った作りとはなっていますが、一作目同様、一部設定が原作とは異なっています。

まずは、作品とは直接関係のないところから。公開初日に行ったわけですが、意図せずして、舞台挨拶の中継を見ることが出来ました。いや、映画のスケジュールを見た時、116分の作品なのに、上映スケジュールが150分も取ってあったので、「何でこんなに長いんだ?」と思ったのですが、疑問が氷解しました。

舞台挨拶に出てきたのは、主演の櫻井翔君の他、宮﨑あおいさん、要潤さん、市毛良枝さんと、深川栄洋監督。二作目の重要人物の藤原竜也さんは?と思いましたが、居ませんでした。本日2回目の舞台挨拶で、1回目に取材に来ていたマスコミも居なかったので、力の抜けた、リラックスした感じの舞台挨拶でしたね。宮﨑あおいさんが「初日のような気がしない」と言っていましたが、何故? まぁ、そこは、櫻井翔君にも突っ込まれていましたが(笑)。

原作とは異なる設定ではありますが、随所で泣かされそうになる所は、原作同様。ですが、最後に無理やりタイトルの“神様のカルテ”をセリフに入れるのはどうかなぁ。一作目の時も同様の演出でしたが、今回もそうでした。どちらかと言うと、そう言う演出は私は好きじゃないです。

原作は第三弾まで出ていますが、映画も第三弾があるんですかね?その際、今回で貫田医師は亡くなってしまっており、もし第三弾を映画化するのであれば、貫田医師の抜けた穴をどう埋め合わせるのかが気になります。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2014年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とても心温まる話だった。

内容は本を読んでからの方が良い気がした!
人生の話だから仕方ないのかもしれないが終わり方がもう一息!という感じだった。

風景、サラブライトマンの音楽が最高に素敵だった。

ちい
ちいさん / 2014年3月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

医師も患者も人間

地方病院の青年医師イチが、写真家の妻ハルや同僚や患者に支えられ、成長していく姿を描いた、2011年のヒット作の続編。

前作は感傷的過ぎて今一つ感銘を受けられなかったのだが、今回は割と良かったのでは?
最も、前作はDVDで鑑賞、今回は試写会がたまたま当たり劇場で鑑賞の違いだろうけど。

激務、仕事と家庭、医師と人間…。
前作以上に医療の現状に踏み込み、考えさせられるものも多かった。

新味として、赴任して来た、イチと同期でエリートの進藤。
が、進藤は、定時には帰り、緊急の呼び出しにも応じない。
どんなイヤミな奴かなと思ったら、その理由には説得力あり、それに医師としては確かにエリート。良い医師じゃないの。

イチの恩師・貫田が病に倒れる。
この展開はドラマチックで感傷的ではあるが、柄本明のさすがの演技の巧さが光っていた。
貫田とその妻の為に、イチら病院スタッフはあるサプライズを用意するが、あれは如何なものかと。星空は美しいが。

宮崎あおいだけファンタジーの世界の住人のようで、一人浮いていた。

近大
近大さん / 2014年3月20日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi