陽だまりの彼女
ホーム > 作品情報 > 映画「陽だまりの彼女」
メニュー

陽だまりの彼女

劇場公開日

解説

「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」というキャッチコピーが話題を呼び、累計発行部数が60万部を超える越谷オサムの同名人気小説を、松本潤と上野樹里の初共演で映画化。監督は「ソラニン」「僕等がいた」の三木孝浩。新人営業マンの浩介は、仕事先で幼なじみの真緒と10年ぶりに再会する。中学時代は「学年有数のバカ」と呼ばれ、いじめられっ子だった真緒は、見違えるほど美しい大人の女性になっていた。浩介は恋に落ち、やがて結婚を決意するが、真緒には誰にも知られてはいけない不思議な秘密があった。原作にも登場し、物語ともかかわるザ・ビーチ・ボーイズの名曲「素敵じゃないか」がテーマソングとして本編を彩る。

スタッフ

監督
原作
越谷オサム
脚本
菅野友恵
向井康介
撮影
板倉陽子
照明
木村匡博
美術
花谷秀文
装飾
井上静香
録音
矢野正人
音響効果
伊藤瑞樹
編集
伊藤潤一
ヘアメイク
横瀬由美
スタイリスト
望月恵
衣装
井手珠美
音楽
mio-sotido
主題歌
山下達郎
テーマソング
ザ・ビーチ・ボーイズ
スクリプター
古保美友紀
助監督
猪腰弘之
VFXスーパーバイザー
鎌田康介
スチール
太田好治
岩崎真子
制作担当
齋藤悠二

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 アスミック・エース、東宝
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

上野樹里、銀幕デビューから10年を経ても変わらぬ情熱
インタビュー

“のだめ”の影響だろうか? 失礼ながら、もっと感覚的で天才肌のタイプの女優だと思っていた。だから役柄や芝居について語る上野樹里の姿――その情報量の多さ、そして細部に至るまでの理論の積み重ねに正直、圧倒された。(取材・文・写真/黒豆直樹...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全126件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「陽だまりの彼女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi