凶悪 : 映画評論・批評

メニュー

凶悪

劇場公開日 2013年9月21日
2013年9月17日更新 2013年9月21日より新宿ピカデリーほかにてロードショー

本職の俳優ではない二人の、微妙にして力強い演技

ある日、雑誌記者の元へ、拘置所の死刑囚から手紙が届く。自分にはまだ誰にも言っていない余罪の殺人事件がある。ついてはこれを告白するので、記事にして、自分の共犯者を告発してほしい……この嘘のような話は実話である。実際に死刑囚である元ヤクザ組長は新潮社の社員に手紙を書き、〈新潮45〉に載ったレポートのおかげで3件の殺人があかるみに出て、不動産ブローカーの男が殺人罪で逮捕された。ヤクザの組長は不動産ブローカーを「先生」と呼び、親しく付き合っていたのだという。

凶悪」は現実に起きた事件に基づき、赤裸々で無情な世界のありさまをつきつける。それゆえにこの映画は観客の心をとらえて離さないのだろうか。それはイエスでもありノーでもある。たしかに「凶悪」で描かれている地方の荒廃は、どうしようもなく冷たく恐ろしい現実の露呈だ。加害者も被害者も、みなが資本主義の論理でバラバラにされてしまった世界の住人である。「先生」は金のために次々と殺人をたくらみ、被害者さえもその論理にはあらがえないのである。

そしてまた「凶悪」の主役である二人の殺人犯を演じるのはピエール瀧リリー・フランキー、共に本職の俳優ではない。だが、二人がこの映画で見せる演技は「素人ゆえの迫力」などという言葉で語れるレベルではない。ときに静かに語りかけ、ときに凶暴性あらわに暴れる瀧。相手に媚びるように暴力を楽しむリリー。二人の微妙にして力強い演技の前には、若手演技派ナンバーワンと言われる山田孝之も顔色ない。「凶悪」はまず何よりも俳優の映画なのだ。

柳下毅一郎

関連コンテンツ

特集

巨匠監督の愛弟子が戦慄のベストセラー・ノンフィクションを映画化! 白石和彌監督の証言と地方から寄せられたメッセージによって浮き彫りになる、師匠・若松孝二が作った“道”──
特集

死刑囚からの告発に突き動かされた記者が、闇に葬られようとしていた凶悪な殺人事件を暴く──故・若松孝二監督に師事した白石和彌監督が、戦慄のベストセラー・ノンフィクションの映画化に挑んだ。長編第2作「凶悪」(9月21日公開)は、山田孝之、...特集

インタビュー

山田孝之×リリー・フランキー×ピエール瀧が提示する「凶悪」の意味
インタビュー

客席から笑いが起こった。目を背けたくなるような場面。リリー・フランキー演じる“先生”が興奮した顔で「僕にやらせて」と言う。爆笑ではない。周囲をはばかりながら、思わず漏れてしまったという感じの笑い。その後も、残虐極まりない言動を、どこか...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全126件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 沈黙 サイレンス 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタント ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデン スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi