メコンホテル
ホーム > 作品情報 > 映画「メコンホテル」
メニュー

メコンホテル

解説

タイ映画として初めてカンヌ国際映画祭パルムドールを獲得した「ブンミおじさんの森」のアピチャートポン・ウィーラセータクン監督が、自身が2002年に執筆した脚本「エクスタシー・ガーデン」をモチーフに撮りあげた意欲作。タイとラオスの国境を流れるメコン川流域に建つホテルを舞台に、人肉を喰らう霊が主人公の怪奇映画を撮影するウィーラセータクン監督と撮影クルーの様子を、ドキュメンタリーとフィクションを織り交ぜながら描く。2012年・第13回東京フィルメックスの特別招待作品で上映。

キャスト

作品データ

原題 Mekong Hotel
製作年 2012年
製作国 タイ・イギリス・フランス合作
上映時間 61分

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi