宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」のレビュー・感想・評価

宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」

劇場公開日 2013年1月12日
2件を表示 映画レビューを書く

驚愕の事実、そしてキャラは変わる。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

根っからのヤマトファンであると自負する自分にとって、数話ずつ映画館で期間限定で公開するこの商法的な開示方法はあまり気に入らない事もあり、もうレビューは書かないと決めていたのだが、あまりもの驚愕の事実公開で意見を述べる事にしました。ガミラスに先に攻撃を仕掛けたのは地球だった!!これは凄すぎます。正義と言う概念が崩れ去り、ヤマトは先に仕掛けた地球の代表として仕掛けられたガミラスを滅ぼしてしまう言う事になる。一連のシリーズにある背景、外部からの侵略ではなく旧日本軍を連想させる、この先制攻撃の事実は作中の島だけではなく、この作品をみた大勢の人を身悶えさせてしまう一大事だ。もうこれから義を唱えてヤマトは攻撃出来ないってこと。これからこの事実ももっと詳細が解読さる事でしょう。しかしこのプロットの追加は脚本家は一大決心でのぞんでるのだろうか?現に旧作ではおっとりとしたキャラであった島がすでに全く違うキャラになってしまっている。反面古代とは逆になってますなぁ。これからもキャラに、続々と影響を与える事でしょう。ウーン、微妙です。

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年6月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雪、って呼んでぇ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いよいよ折り返し地点の第四章。
入場者プレゼントで貰っていたステッカーを貼れる台紙^^;が
やっと貰えたぞー!と喜んだのもつかの間、
今回のお話、私的には一番地味目だった気がするのね。
名将ドメルの登場。カッコいい?と思うかは好みの問題として
(私はフラーケンが好き)やはり名将としての風格を備えている。
ヤマトとの対決を前に、まずは白色彗星をやっつけたるで!と
冒頭からバンバン魅せてくれます。
やっと好敵手が出てきてくれて、嬉しい限り…なんだけど、
まだまだ見せ場は次章だからヨロシクね!という感じで今回は、
地球とガミラスの戦争が始まった原因というのが大きなテーマ。
TVシリーズの見解とはまったく異なる設定になっており、
昔の「悪はガミラス」的な発想ではなく、戦争とは何時どうやって
引き起こされるものなのか、を淡々と追った内容。
そしてその設定に大きく絡んでくるのが、島のお父さん。
だから今回は古代より島!っていうカットがとても多い気がする。

またそういうこと言って…って(お若いファンには)非難されそう
だけど、やたら草食系男子な今回の主要キャラの顔、島の顔を
マジマジと見つめていたら、あの島でなく段々ゲイに見えてきた。
(ホントにゴメ~ン!だってああいう顔いるじゃない?)
なんかあのほっそーい眉毛に暑苦しくないお顔立ち、古代も雪も
まぁ昔のネトーっとした所は削ぎ落とされてて仕方ないんだけど、
キレイ過ぎちゃって、可愛すぎちゃって、仕方がない^^;
私が歳をとったっていう証明なのね…で潔く済ませるのが不可欠。
(ドメルがギリギリ毛深そうな佇まいを残していて、ホッ)

今回は松本零士氏へのオマージュ色が強いらしい。
詳しく分からないが、確かにドメルの奥さん、メーテルでした(爆)
最終話も彼の番外編(未使用)だったらしく、私はそれもエヴァにも
詳しくないので^^;、あの幻想話の部分はちんぷんかんぷんだった。
(やたら気持ち悪いし)
雪の正体には少し…謎が解けてきた?感はあったけど。

優等生ぶりが目立っている古代君、今回も務めて冷静に振る舞い、
メルダ(ガミラス)への憎しみは、彼に代わって玲が担当して消化。
彼は一体いつハメを外すんだ?と思っていたけれど、後半13話で、
やっと危険な賭けに出る。しかしその前に沖田からの真実を経て。
元々軍人が上官の命令に背く筈ないのだから、今までのが正当な
古代君なのよね。旧作はあまりにも…^^;ってことね。
だけど、やっぱり「森クン」はないでしょ、森クンって、何か胸糞悪い。
雪のことは雪。って呼んで欲しいなぁ。二人の囁きが懐かしいよ…。
古代…、クン。…ゆ、雪っ!っていうあのやりとり(もっと先ですが)
やたら女性上位の世の中、カッコいい設定はいいんですけどね、
この二人に限っては、あの…何ともいえない距離感(ドキドキしちゃう)
是非、大事にして欲しいですね(これこそおかしい設定になるのか?)

そんなわけで、次章に期待する助走展開。
いよいよ4月からTV放映も始まるそうで…(こっちも完全録画だ)
大画面で観られるのもあと三回。楽しみだけど終わったら悲しい…

(徳川機関長が語った「戦争の真実と事実」に対する口述も深いわね)

ハチコ
ハチコさん / 2013年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi