何かが壁を越えてくる
ホーム > 作品情報 > 映画「何かが壁を越えてくる」
メニュー

何かが壁を越えてくる

解説

プロデューサーや脚本家として多くのヒット作に携わり、2011年に「見えないほどの遠くの空を」で初メガホンをとった榎本憲男の短編監督作。お笑いコンビのレイラとエイミは、マネージャー兼漫談師の大崎が運転する車で地方の公演会場へと向かう。自分たちのネタが田舎では受けないと思い込んでいるレイラと、その地方で噂される幽霊に怯えるエイミだったが……。12年・第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で上映(「あれから」との2本立て)。

スタッフ

監督
エグゼクティブプロデューサー
戸苅礼美
プロデューサー
榎本憲男
内藤諭
脚本
榎本憲男
撮影
古屋幸一
録音
臼井勝
編集
石川真吾
山崎梓
音楽
真田晴久
川原伸一
テーマ曲
安田芙充央

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
上映時間 35分

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi