はじまりのみち : 映画評論・批評

メニュー

はじまりのみち

劇場公開日 2013年6月1日
2013年5月29日更新 2013年6月1日より東劇ほかにてロードショー

「陸軍」のラストシーンをまるごと引用した木下惠介へのオマージュ

尊敬する映画監督へオマージュを捧げるにはさまざまな方法がある。アニメーション監督の原恵一は、この木下惠介生誕100年記念映画を依頼された際、木下が戦争末期、脳溢血で寝たきりの母を疎開させるためにリヤカーで山越えを敢行したエピソードに木下的な匂いを嗅ぎとった。当時、木下惠介は、国策映画「陸軍」のラストが女々しいと軍部に睨まれて、次回作が中止に追い込まれ、松竹に辞表を提出して郷里で隠遁状態にあった。

木下は戦後、「太陽とバラ」「日本の悲劇」で強烈な存在感を発散する日本の母親の典型を描き続けたが、その原点かつ最も傑出した例が、「陸軍」で田中絹代が出征する息子を延々と追い続けるラストシーンなのである。

ほとんど発話が不可能な母たま(田中裕子)は、土砂降りの中でも、ひたすら無言で越山という荒行に耐えている。そこには木下惠介が理想とした慈愛に満ちた菩薩のごとき母のイメージが垣間見える。

冒頭、砂浜にぽつんと置かれたスクリーンに、突如、デビュー作「花咲く港」の砂浜の場面が映る大らかな諧謔(かいぎゃく)、さらに宿場で木下(加瀬亮)が、子供たちを引率する女教師(宮崎あおい)を見つめるシーンも「二十四の瞳」の淡い抒情をすぐさま想起させよう。だが、なんといっても、同行した便利屋が「陸軍」の母親がいかに悲愴であったかを語り、次の瞬間、画面いっぱいに、田中絹代の感極まった美しい表情のクロースアップが延々と映し出されるクライマックスには圧倒されるほかない。

原恵一監督は、この名状し難い感銘を与える「陸軍」のラストシーンをまるごと引用することで、木下惠介へのまじりっけなしの心からの崇拝の念を表明したのである。

高崎俊夫

関連コンテンツ

インタビュー

原恵一監督×加瀬亮 「はじまりのみち」を辿って見つけた木下惠介の“実像”
インタビュー

最も“多様性”を極めた映画監督といえば、「柔の木下、剛の黒澤」と呼ばれ、黒澤明とともに戦後の日本映画界を牽引した巨匠・木下惠介かもしれない。往年の名作「二十四の瞳」(54)をはじめ、ベネチア国際映画祭正式出品作品「楢山節考」(58)、...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

はじまりのみち[Blu-ray/ブルーレイ] はじまりのみち[DVD] アウトレイジ ビヨンド[Blu-ray/ブルーレイ] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX[DVD]
はじまりのみち[Blu-ray/ブルーレイ] はじまりのみち[DVD] アウトレイジ ビヨンド[Blu-ray/ブルーレイ] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX[DVD]
発売日:2013年12月5日 最安価格: ¥3,553 発売日:2013年12月5日 最安価格: ¥2,052 発売日:2013年4月12日 最安価格: ¥2,074 発売日:2011年3月23日 最安価格: ¥16,005
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全30件)
  • 子として、母として思う当たり前のこと すごく感動しました。 子として、母として思う当たり前のことあらためて教えてもらいました。 宿屋に泊まる際、敷居をまたぐ前に少しでも母を綺麗にしようとする子の姿…。また、母自身も人として凛としよう... ...続きを読む

    しんおすけ しんおすけさん  2017年3月17日 13:39  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 涙が出た ネタバレ! ...続きを読む

    micch micchさん  2016年3月19日 16:33  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 映画作る側視点。 キツツキと雨と連続して観ましたがこれもよかったっ 濱田岳のシーンでボロ泣きです。 田中裕子の大事にされる母親感すごいしっくりくる。 ...続きを読む

    スベスベマンジュウガニ スベスベマンジュウガニさん  2015年8月6日 12:55  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi