ザ・フューチャーのレビュー・感想・評価

ザ・フューチャー

劇場公開日 2013年1月19日
5件を表示 映画レビューを書く

残り一ヶ月の猶予期間

ソフィーとジェイソンの30代カップルは、怪我をしたところを助けた猫がこのままでは処分されてしまうと知り、引き取ることにした。しかし、ペットを飼うことになれば、今までのような自由気ままな生活を送ることは出来ない。
彼等は猫を迎えるまでの1ヶ月の間にやりたい事をやろうと決め、仕事も辞めてしまう。

あと5年で40歳。
この現実に彼等は今更ながら気付く。

もっと賢くなりたかった。
もっと稼いでリッチになっているはずだった。
今頃は何事かを成し遂げているはずだった。

もっと意味のあるもの、もっと大切なものを求めるあまり、彼等は今すでにそこにあるものの存在に、大切さに気付くことが出来ない。

彼等の行動は少し突飛だし、もしかするとズレているかもしれない。
しかし、彼等の抱いている焦燥感や空回り感は痛々しくリアルでとても他人事とは思えない。

退屈で変わりばえしない日々の愛おしさにようやく気付いた時、取り戻すことは出来るのか?
彼等の「初め」はまだ終わっていないのか?

ミランダ・ジュライの映像作品を観たのは初めてだったが、彼女の物語世界を映像で表現したらこうなるだろうなという印象。
彼女の小説同様、響く人、響かない人に分かれるかもしれないが、私にはは響く。
彼女の物語の中には、私がいるのだ。

arakazu
arakazuさん / 2014年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これからの生き方を考える ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

気付いたらもう中年だ。いいきっかけだから、すぐに今を変えて自分のやりたいことをやり遂げよう。そしたら楽しい人生になるかも。出来ることからやってみた!でも、やってみて初めて分かった。 現実と理想は大きくかけ離れていた。出来ないからって誰かにすがってみても、自分は変われない。気づけば周りはそれなりの人生を手に入れている。自分だけが、とても苦しい。どうすればいいのか分からない。だから、変わろうとする少し前の、それなりに幸せだった時 に戻りたくなった。ああやっぱり私の居場所はここなのかもしれない。。

……そんな、未来へ向かう途中 のお話。

人生に挫折感を感じたことのある人はとくに理解できる話じゃないかと思った(自分含む)。

でも逆に考えれば、未来は自分次第でどうにでもなる。と信じたい。←これがダメ

余んだ
余んださん / 2014年6月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

問題:人生とは何か? 答え:妥協

日常そのままの映画、90%の悲惨と10%の治癒。パウパウと月がよかった。直感だけがもてはやされる今の時代に、ミランダみたいなインテリがいて心強い。

yumintrollet
yumintrolletさん / 2014年3月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パウパウが可愛い感じがして、心がキュンとなる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この作品の監督・脚本・そしてヒロインのソフィーを演じているミランダ・ジュライの映画を観るのは初めての事なのだが、彼女の不思議な魅力のファンになってしまいそうだ。

彼女はこれと言って、凄く綺麗で魅力あふれる女優さんではない。しかも監督としての演出でも、抜群のキレの有る演出もない。しかしこの映画には不思議な魅力が溢れていた。

映画にするような派手な処が全く無い、ありふれた普通の日常を送っている若い一組のカップルのジェイソンと、その彼女のソフィーが、そろそろ中年期を迎えようとしているところから、この物語は始まる。
今迄、主人公の彼らは、2人だけの気ままな暮しを4年間も送って来たのだ。
だが捨てネコを飼う事になり、以前の様に気ままな2人だけの生活が出来なくなると言う。ほんの小さい日常の変化に因って、突然芽生え出した2人の将来の生活への不安。そしてその不安に襲われ始める事から起きる、心の変化と、葛藤を浮き彫りにする、切なくもあり、哀しいけれど、或る意味どこか笑える物語でもある。
拾ったネコのパウパウを動物病院で診てもらうと4週間程、ネコを引き取るまで治療入院をさせなければならない事になる。
そこでこの2人だけの自由な生活は、残り4週間のみの猶予になる。2人は改めて将来の為に悔いの残らない様にと、やりたい事をこの1カ月で始める決心をするジェイソンとソフィー。そして彼らは、仕事も止めて、本当に好きな事を始めようと行動を起こす。
しかし、人間とは厄介なもので、常に不満を抱いて生活をしている生き物で、現在の自分の生活に不満が有って、自由が無い為に、その不自由な生活に終止符を打ち、新たな選択をする事が幸福かもしれないと行動を起こして見る。実際いざ、行動を起こすと、その新しい選択は幻想だった事に気が付くと言う事は案外多い。
世の人々は常に青い鳥を求めているが、青い鳥は他には無く、現在こそが青い鳥と生活している場所と言う現実を知る事が必要だと言う、そんなテーマを、女性の目線で描く。
しかし、驚いたのはこの主人公のジェイソンが、いわゆる草食系の彼氏で、一方ソフィーは気が付いてみたら、彼女は結構肉食系である自分の本質に目覚めると言うお話だ。アメリカにも草食系男子がいたのだ!そして草食系男子を受け入れる女子がいたとは驚きだ。
どちらの人間がいけないと言う訳では決してなく、結婚もせずに、只単に気楽にパートナーとして同棲生活を続けている2人には現実の重みを受け止めるだけのパワーが無かったと言う物語なのだ。しかし、その事を時に、ネコのパウパウの目線を通して描き出す。
そしてこの映画では、ハッキリとは物語のラストを見せないで幕引きになる。つまりこの作品のラストは、観客自身が、このジェイソンとソフィーの2人の未来の結果を好きに描いて行けば良いと言う事なのだろう。
こう言うバシッと自分達作り手の意見を言わずに引導を、こちらにアッサリと投げてしまう処が、如何にも今風で時代を言い当てていると逆説的に感心した今日的な映画なのだ!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2013年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは俺じゃないか!

40を前にして、このままでよいのだろうか?と。
思い切ってちょっと変えてみようかと。
迷走・・・しているようにも見える二人。
でもこれはこれから先に進むための必要なことなんだろうなと。
もしかしたら迷走しているかもしれない今の自分と重なって見えた。
40前の思春期ってあるのかもしれないですね。

サトウ山
サトウ山さん / 2013年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi