サンタクロースをつかまえて
ホーム > 作品情報 > 映画「サンタクロースをつかまえて」
メニュー

サンタクロースをつかまえて

劇場公開日

解説

東日本大震災後、初めてのクリスマスを迎えた宮城県仙台市の人々を追ったドキュメンタリー。2011年12月、震災で多くのLED電球が喪失するなどの被害を受けながらも、約60万個の電球がケヤキ並木を彩る仙台市の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が例年通りに行われた。イルミネーションが街を彩り、教会では歌と祈りがささげられ、人々はそれぞれのクリスマスを迎える。仙台を拠点に活動するミュージシャンで、震災直後にYouTubeにライブ動画を投稿した澁谷浩次(yumbo)らが当時の心境を語る。監督は、ドキュメンタリー「遭難フリーター」などを手がけた仙台市出身の岩淵弘樹。

スタッフ

監督
撮影
山内大堂
録音
辻井潔
サウンドデザイン
山本タカアキ
挿入歌
麓健一
yumbo
はっぴいえんど

キャスト

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 東風
上映時間 80分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全1件)
  • 割り切れなさを抱えてこそ、の語りの強さ 語りの映画だ。 あの震災、仙台光のページェント。いずれの映像も、繰り返し繰り返し目にしてきた。そこにどんな音や声をのせるか、で映像の印象はがらりと変わる。 さまざまな語り手が登場するが、感じたの... ...続きを読む

    cma cmaさん  2012年12月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「サンタクロースをつかまえて」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi