ラストヒットマン
ホーム > 作品情報 > 映画「ラストヒットマン」
メニュー

ラストヒットマン

解説

不治の病に冒された殺し屋が、相棒でもある愛娘を守るべく戦う姿を描いたハードボイルドアクション。凄腕スナイパーのハリーとその片腕として働く娘のラクエルは、ある暗殺でミスを犯し組織から追われる身となってしまう。そんな中、倒れて病院へ運ばれたハリーは、自分が末期がんであることを知る。組織の魔の手からラクエルを守るため、刺客として送り込まれてきた男ビリーを新たな相棒にして敵に立ち向かうハリーだったが……。

スタッフ

監督
クリストファー・ウェア・スメッツ
製作
ロブ・ウィルソン
脚本
クリストファー・ウェア・スメッツ
撮影
ジョー・ターナー
美術
アンドリュー・ベリー
編集
ジェームズ・P・ビレニューブ
音楽
アルフォンセ・ランザ

作品データ

原題 The Last Hit Man
製作年 2008年
製作国 カナダ
上映時間 88分

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 老ヒットマンの散り際とは・・・ 珍しいカナダの作品。 その、全体に流れる殺伐とした雰囲気や銃撃、血の飛び散り方は まるでリュック・ベンソンの一連の作品を見ているかのよう。 親子のヒットマン、そして新たに弟子になるヒットマン、娘... ...続きを読む

    としぱぱ としぱぱさん  2012年10月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi