テセウスの船
ホーム > 作品情報 > 映画「テセウスの船」
メニュー

テセウスの船

解説

インドの新人監督アーナンド・ガーンディが、臓器移植を題材に描いた社会派ドラマ。「船の部品を全部交換したとして、それは前と同じ船と呼べるのか?」というギリシャ神話の「テセウスの船」のパラドックスをモチーフに、角膜移植を受けた盲目の女性カメラマン、動物実験に反対していたが病に冒され投薬が必要になった僧侶、臓器の闇取引を知ってしまった移植患者ら、臓器移植をめぐる問題に直面した人々の葛藤を描く。2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀芸術貢献賞を受賞した。

スタッフ

監督
脚本
アーナンド・ガーンディー
製作
ムケーシュ・シャー
ソーハム・シャー
製作総指揮
ミテーシュ・シャー
撮影
パンカジ・クマール
音楽
ナレーン・チャンダーワルカル

キャスト

  • アイーダ・エル・カーシフ
  • ニーラジ・カビ
  • ソーハム・シャー
  • ファラーズ・カーン
  • ビナイ・シュクラー
  • アンバー・サーニャール

作品データ

原題 Ship of Theseus
製作年 2012年
製作国 インド
上映時間 143分

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「テセウスの船」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi