天と地の間のどこか
ホーム > 作品情報 > 映画「天と地の間のどこか」
メニュー

天と地の間のどこか

解説

「遙かなるクルディスタン」で国際的に高く評価されたトルコの女性監督イェシム・ウスタオウルによる青春ドラマ。大都市イスタンブールと首都アンカラを結ぶ高速道路沿いにある寂れた町。ドライブインで働く少女ゼーラは、この町での退屈な日常から抜け出すことを夢見ている。そんな彼女にとって、ドライブインに出入りするドライバーたちだけが自分と外の世界を繋ぐ存在だった。ある日、ゼーラは年上のトラック運転手に恋をするが……。2012年・第25回東京国際映画祭で優秀女優賞を受賞した。

スタッフ

監督
撮影
ミヒャエル・ハモン
美術
オスマン・オスジャン
編集
マティルデ・ムヤルド
スベトリック・ミカ・ザッチ
ナイム・カナット
音楽
マルク・マルデル

キャスト

作品データ

原題 Araf
製作年 2012年
製作国 トルコ・ドイツ合作
上映時間 124分

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「天と地の間のどこか」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi