マリアの選択
ホーム > 作品情報 > 映画「マリアの選択」
メニュー

マリアの選択

解説

育児と介護に追われるシングルマザーの苦悩を通し、現代社会が抱える問題に切り込んだウルグアイ発の社会派ドラマ。ウルグアイの首都モンテビデオに住むマリアは、内職をしながら3人の子どもや80歳の父の世話に追われる多忙な日々を送っていた。精神的にも経済的にも追い詰められたマリアは、父の介護の援助を頼もうと社会福祉局を訪れるが、わずかでも定収入があるため公的補助が受けられないことを告げられる。2012年・第9回ラテンビート映画祭で上映。

スタッフ

監督

キャスト

  • ロクサーナ・ブランコ
  • カルロス・バリャリノ
  • オスカル・ペルナス

作品データ

原題 La demora
製作年 2012年
製作国 ウルグアイ・メキシコ・フランス合作
上映時間 84分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi