サイレンス(2011)
ホーム > 作品情報 > 映画「サイレンス(2011)」
メニュー

サイレンス(2011)

解説

2012年フィンランド・アカデミー賞で最優秀男優賞ほか5部門を受賞したドラマ。1944年、ロシアとフィンランドの間で戦線が広がる中、最前線の犠牲者安置センターにやってきた男性エイノ。死体の声が聞こえるという精神異常から医学の道をあきらめていたエイノは、友人アンティと一緒に犠牲者の遺体を故郷へ返す仕事を手伝う。しかし、エイノが黙々と仕事をする一方で、アンティはセンターの女性たちを魅了し、闇仕事にも手を出していく。最新のフィンランド映画5作品を一挙上映する「フィンランド映画祭2012」で上映。

スタッフ

監督
脚本
エスコ・サレルボ
撮影
ペトリ・ロッシ

キャスト

作品データ

原題 Hilkaisuus
製作年 2011年
製作国 フィンランド
上映時間 111分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「サイレンス(2011)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi