フタバから遠く離れてのレビュー・感想・評価

フタバから遠く離れて

劇場公開日 2012年10月13日
1件を表示 映画レビューを書く

遠きにありて思ふもの。

映画の印象'悲しい'、複数の意を包含している。

それは、故郷を失った彼の地の人間の悲しさであり、我々外部の者が感じる感情であり。
我が国のエネルギー戦略の未来が暗いことへの悲しさ、費用対効果の定かでない除染を検証なく続ける政府しか持たない悲しさ、避難所で飼い慣らされる悲しさ。

今後の日本の縮図(超高齢社会の更なる進展)は地方にあり、また、限界集落は如何に撤退するか、ということへの試金石でもあるかもしれない、とフタバをみて感じる。
金は有限であり、反対を押し退けてもやるべきことはあるのでは?と正直に言って思う。

都会の人間のエゴだ、と言われるかもしれないが、田舎に住み続けることもエゴの一形態では?

Nori
Noriさん / 2014年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi