「三谷幸喜作品、初の史劇。 織田信長が天下統一目前にこの世を去り、後...」清須会議 慶次郎さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「清須会議」 > レビュー > 慶次郎さんのレビュー
メニュー

清須会議

劇場公開日 2013年11月9日
全170件中、15件目を表示
  •  
映画レビューを書く

三谷幸喜作品、初の史劇。 織田信長が天下統一目前にこの世を去り、後...

三谷幸喜作品、初の史劇。

織田信長が天下統一目前にこの世を去り、後目争いに2人の男が台頭する。

羽柴秀吉と柴田勝家である。

2人はそれぞれ、後目を次男三男に継がせようするが、そこには様々な駆け引きが水面下で広げられている。
誰を味方につけるかがこの映画の味噌で、そこで登場する人物たちはみな個性があり、クセがあるものばかり。

駆け引きに成功し、最後に笑うのは誰か。

まず、秀吉を演じた大泉洋がかなりハマっていて違和感を感じさせなかった。
柴田を演じる役所広司もこの手の役への憑依具合はさすがの一言。

しかし、これまでの三谷幸喜作品から期待していた一発逆転や、思わずふと笑ってしまうコメディ部分は、この映画からはあまり感じることは出来なかった。
物語のモチーフがモチーフなだけに、期待してしまった分少し残念に感じてしまった。

次回作には期待したい。

慶次郎
さん / 2015年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi