毒とひまわり 名張毒ぶどう酒事件の半世紀
ホーム > 作品情報 > 映画「毒とひまわり 名張毒ぶどう酒事件の半世紀」
メニュー

毒とひまわり 名張毒ぶどう酒事件の半世紀

劇場公開日

解説

「死刑弁護人」(2012)の東海テレビが、司法をテーマに手がけたTVドキュメンタリーシリーズの1作。女性5人が死亡し、「第二の帝銀事件」と騒がれた1961年の名張毒ぶどう酒事件で、犯人とされた奥西勝死刑囚は、獄中から無罪を訴え続ける。2010年4月、最高裁は名古屋高裁へ審理を差し戻し、鈴木泉弁護団長は「一日も早い釈放を勝ち取る」と誓うが……。帝銀事件の周辺もたどりながら、一度下した判決に固執する司法の姿を浮き彫りにする。「死刑弁護人」公開にあわせ、「光と影 光市母子殺害事件 弁護団の300日」(08)と2本立て上映。

スタッフ

ディレクター
齊藤潤一
プロデューサー
阿武野勝彦
撮影
坂井洋紀
ナレーション
仲代達矢

キャスト

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 東風
上映時間 52分

他のユーザーは「毒とひまわり 名張毒ぶどう酒事件の半世紀」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi