夏の終りのレビュー・感想・評価

メニュー

夏の終り

劇場公開日 2013年8月31日
40件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

瀬戸内さんの過去の恋愛話、見たいかな…?

瀬戸内寂聴が出家前の体験談を基にした小説の映画化。
妻子ある年上男性と年下男性の間で揺れる女性を描く。
今は出家して高尚な身だが、瀬戸内さん、普通に不倫や三角関係してたんやな…。

作品の方は満島ひかり、小林薫、綾野剛ら実力派の演技光る、しっとりタイプの大人の恋愛ドラマ。
情感ある作風は悪くないが、とにかく淡々とした語り口で、熊切監督にしては物足りなさも感じる。
それに、不倫や三角関係といった話なのでそもそも感情移入出来るか否か、瀬戸内寂聴の過去の恋愛話見せられても…。

良く言えば、波乱に満ちた一人の女の生きざま。
流されながらも、愛を追い求め、感情を爆発させたとあるシーンには女の強かさを感じた。
老齢の僧の身でありながらも、小説を書いたり新しい事に挑戦したり、貪欲な兆しはあった。

近大
近大さん / 2017年12月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像がとても美しくひかりさんの着物姿も美しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画は知子の自立の物語ですね。家族を捨てて年下の男と駆け落ちしてきたもののすぐにうまくいかなくなり、自分を見失っていたところに出会った売れない小説家。お互いに依存しあい、生ぬるい愛人関係を続けるものの、やがて染色家としての仕事も軌道にのり、一人の女性として知子がその関係から自立していく。そんな姿にすがすがしさを感じるのです。

とはいえ長い間「出かける時はバックの中身を整えてくれた」保護者のような愛人との別れはどこか切なくもあり、その切なさが「夏の終わり」というどこか寂しい季節としっくりくるのです。

この映画では夏の終わりに漂う、切ない雰囲気を美しい映像と素晴らしいキャストの演技で見事にその世界観を構成していたと思います。

ひかりさんは知子を演じるには少し若いかな?とおもいつつも、やはりこの人しかいないと思わせる存在感は流石でした。

とにかく着物姿が美しいかったです。

映画の中では「終わり」がクローズアップされていましたが、終わりはまた新しい始まりを予感させます。

そしてそれは、希望でもあります。その希望がどんなものかはっきりはしないものの、確かにそこには光がある、そんな余韻を残して終わります。

人は誰かがそばにいてくれないと生きていけない弱い生き物かもしれません。そして多くの人は愛や家族といった絆は尊いものという幻想のもとに生きています。

確かに、人とのかかわりの中で心は癒されますが、同時に濃密な関係にがんじがらめになると、個としての自分は死んでいきます。

そんな時、自立していくこと、一人で歩く人生にk希望の光を感じるかもしれません。でもその希望の光は真夏明るい太陽のような健全な光ではなく、夏の終わりの、秋にさしかかるやわらかな夕日の光にも似ている、そんな、心地よく、少し切ない感傷的な気持ちになる映画でした。

Ena
Enaさん / 2017年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これこそリアルな恋物語

これこそリアルな恋物語

みなみ
みなみさん / 2017年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

淡々として眠くなる映画、せっかくの役者が生かされていない。

淡々として眠くなる映画、せっかくの役者が生かされていない。

Blue corner
Blue cornerさん / 2017年4月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

dtv

映像は美しいけれど、期待はずれ

ブラックCAT
ブラックCATさん / 2017年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい。色気。 満島ひかりが美しいこと美しいこと。見とれる。 やは...

美しい。色気。

満島ひかりが美しいこと美しいこと。見とれる。
やはり満島の演技に最初から引き込まれた。あの感情の爆発、さすが。

やってる事は満島も小林薫も最低だけど、人のこと言えないので共感出来てしまった。特に満島ひかりの、満たされなくてずっと苦しんでる、もがいてる感じ。何をやっても満たされないのは自分の問題だし、そう考えると涼太が言うようにとても無神経な女だ。
満島は人間のどうしょうもなさをよく描けていたと思います。

果たしてあれは愛なのか。

全体的な雰囲気としては、和。という感じでとても涼しげ。良い。日本の四季を感じる。

ストーリー的には、んーって感じ。構成が微妙で何を表現したいのかがよく分からない。役者に支えられた感。

特にラストは不可解。なぜあんなこと言われてあんなに清々しい顔をしているんだろう。再出発しようとしたばかりなのに。私にはわからん……。

ますん
ますんさん / 2016年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私の遺書のようなもの。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

以前、上映中に拝見させて頂き、感想も書いたのですが削除してしまいました。改めて私なりの感想を自分自身の為に残しておきたいと思います。

私は、母から小学5年生の時に、原作を貰い夢中で読みました。自分では、気付かなかったのですが、かなり、変わった家庭環境だったようで、この年齢で、恋愛の意味や、結婚がゴールでは、無いと悟っていました。作者である、瀬戸内さんを尊敬して生きています。特に昔の結婚は、お見合いや、政略結婚、古い歌にもあるように、悲しい感じを受けます。昔は、愛の伴わない結婚も多かったのでは、ないでしょうか?今でも、自分が悪いとは、いえ赤ちゃんが、出来たから仕方なくなど、そこに、愛がない場合もあるのでは、ないでしょうか?人を本気で、愛すれば何かを犠牲にするのは、当たり前と私は、思います。例え相手や自分に、配偶者が居ても、愛したら押さえが効かないのが、私が生きてきた上での結論です。

映画を観て、二人の男性の間で、揺れ動く主人公の人間くささに、私は、共感しました。人の考え方は、一人一人違って当たり前だと思います。

不倫だとしても本人同士でなければ、心の中は、絶対に配偶者、子供、まして他人には、解らないと思います。不倫=罪と、考えられる方々は、むしろ普通の家庭環境で、普通に育った方々で幸せでしょうが、私には、それが、つまらないとさえ感じます。今では、私の育った環境に感謝しています。普通は、体験出来ない事を沢山体験出来ました。私自身不倫経験がありますが、子供への愛情は、人一倍あり、恋愛と切り離して考えられました。不倫と言うと、汚いイメージですが、私自身は、相手との関係も、清いものだったと、自信を持って言えます。私の不倫は、親子程の歳の差がありました。余計に、子供の心は、傷付けた自覚もあります。10年を経た今、成人した子供に、親子の縁を切られましたが、受け入れて心の整理も付きました。しかし子供もまた私より家族や家庭を知らず育った為ゆえの反抗心と解りました。故に親子の縁は切れません。私には、あの不倫が無かっら今、私は、この世に、いなかったと思います。親が教えてくれなかった優しさを、教えて頂きました。言葉は、汚い印象でも、私自信には、大切で、必要な時間でした。人の生き方は、千差万別です。主人とは私の母親と同じように愛のない結婚をしてしまいました。子供がお腹にいる時から離婚だけを考えておりましたが、子供が産まれてすぐ母親が、倒れ看病と育児、仕事に追われ帰らない主人だった為、機会を逃したまま母親が、亡くなり私は心身のバランスを崩しました。ただいつも助けて下さる男性が現れたので何とか子供も育て上げました。金銭的にではなく、真夜中でも相談出来た友達がいたと言う事です。

主人は、母親が亡くなってから帰るようになりお酒を飲んでは暴れダイニングテーブルの一枚板を、素手で、壊されたり家中の物を壊され続けたり、色々な暴力を奮われました。ただ子供を守るのに精一杯でした。半ば諦めていた私に、年下の彼と出逢いがあり看病から始まった関係が何時しか男女の関係になり、それを不倫と認識出来ないまま1年間過ぎてしまいました。最後は、プロポーズされましたが、私が年齢差に負け逃げてしまいました。彼からは、生きなおす力を教えて頂きました。不倫したくて不倫をしたわけでは無いのです。不倫した自覚が無いのです。もうその彼とは、別れて10年立ちます。気持ちも想い出に変わりました。子供も成人し私の手から離れた今やっと主人と離婚して、自分自身の人生を歩こうと、決意できました。

自分が、自分として生きられる人生は、たった一度ゆえ、心のまま先を恐れることなく、もし、この先大切な人と出会えたならただ、ささやかに、支えあい生きて、ゆきたいと、改めて感じました。

作者の瀬戸内先生、感謝しています。先生に、お会いしたいです。先生?娘さんには、今もお雛様を買い続けていらっしゃいますか?娘さんのお子さんも、女の子でしたよね?私も、生きて贈れる限り息子へプレゼントし続けます。母親がしてくれて私は嬉しかったからです。値段ではなく心だと教えてくれたのは、母ですから。ただ不倫は、どんな事情があろうと子供を傷つけたのが解りました。でも、私には、必要な時間と、恋愛は感情をコントロールできないものゆえ、これ以上傷を深く出来ない為離れますが、今も気持ちは、繋がっているのが、実感出来ました。産まれてくれて、感謝してます。

普通の人生ほど、味気なくつまらない事を先生からも教えて頂きました。

また必ず観たい映画です。

あじさい
あじさいさん / 2016年8月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愛すること。愛されること。

私の中での綾野剛祭り第2弾の作品です。

綾野剛ファンであり、ストーリー的に観たかった作品でした。

人は生涯、何人の人を愛し、愛されるのだろうかと考えさせられました。スマホなどのない昭和感も良かったです。

三日月
三日月さん / 2016年8月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

和装ひかりさん素敵 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

満島ひかりの和装が素敵でした。
あの版画もよかったなぁ…
若い頃はオジさんに惹かれる
歳をとると同い年くらいの若者が良く見える
よくある、よく聞く話です。
原作は寂聴さんなのね。
一度見てみても良い作品だと思いますよ。
特に女性向けです。男性には理解できなそう。

みきねこ
みきねこさん / 2016年7月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どの人の感情もよく分からなかった。苦手な映画でした

どの人の感情もよく分からなかった。苦手な映画でした

kens
kensさん / 2016年5月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満島ひかりのファンになりました

満島ひかりのファンになりました

alulu
aluluさん / 2016年3月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとも

正直に生きた女の物語。

soleilヾ(´ε`○)
soleilヾ(´ε`○)さん / 2015年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昭和感漂う。

ぎりぎり昭和生まれだけど、平成時代しか殆ど知らないから雰囲気は楽しかった♪しかし主人公の女がそんなに男にちやほやされるような魅力があるようには見えなかった。
綾野剛さんカッコイイ。

EMI
EMIさん / 2015年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

the日本映画...

これぞ日本の映画といった感じで、夏の蝉の鳴き声だったり雨音だったり、四季が美しく映し出されてた。

だが、内容はというと…どっちつかずの主人公の様子にちょっと苛立ちを感じてしまってた。

うん。そうゆう風に思えるのも、満島ひかりさんの演技が素晴らしかったからだろう。

2014年12月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

期待はずれ

公開された時から瀬戸内寂聴×満島ひかりなのですごく楽しみにしていて
今日は8月の終わりだ!ぴったり!とか思ってワクワクで見たのですが
期待はずれでした。

タテスジコ
タテスジコさん / 2014年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地味、、満島・小林は良いね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

慎吾(小林薫)、知子(満島ひかり)、涼太(綾野剛)の三角関係の話だというのは
予告編を見ていて知っていましたが、三角関係というとドロドロしたイメージがありますが
そうでもなかったです。

この手は好きか嫌いかというと嫌いな方で、ストーリーも特に面白いわけではありませんが、
それでも最後までフツーに見れたのは小林薫と満島ひかりの演技力ですね。
小林薫のセリフの独特の間の取り方や表情のつけ方は好きです。
満島ひかりも慎吾と涼太の間で揺れ動く感情や慎吾との8年の愛人関係を精算したいのに
できない葛藤をうまく表せていたと思います。

そして序盤のシーンの、知子が染物の型を取っているところ、染める作業の映像が繊細でした。

それともう一つ、愛人の知子が慎吾の家を訪ねたときに、ちょうど慎吾が縁側にいて、
格子の陰で慎吾の顔が隠れて、片目しか写っていないシーン。
監督の演出への細かいこだわりがみえました。

慎吾は妻子がありながら愛人の知子の家に通い、知子が涼太ともできていることに嫉妬の素振りすら
見せない慎吾を見て、知子を愛しているのではなくて自分の家庭以外にこの人は居場所がほしいんだな

知子は慎吾への愛はあるけど、愛人という心の隙間を埋めるために自分が寂しい時だけに涼太の気持ちを
利用して涼太に会う。
魔性の女といえばそうだし、ただの自己中女といえばそうもいえる。

とこの作品を見ながらつらつらと考えてしまいました。
この2人には共感できないけど、ああこういう人もいるだろうな、と。
涼太には多少共感できました。
50点くらいだけど小林薫と満島ひかりの演技がよかったので65点で。

るふる
るふるさん / 2014年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イライラした。

子供を捨て、夫も捨て、愛に走った女の話。綺麗な女優さんが演じているから、綺麗な映像としてはみたけど、最悪な女だしだらしない淫乱ですね、みなけりゃよかったな。俳優陣は素晴らしいが、主人公に全く共感できず、嫌悪感のみ。

motohayako
motohayakoさん / 2014年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像がきれい。

その一言に尽きる作品。

オープニングからじっと見入ってしまう。
キャストもきらきらしてなくていい。

だけど心に響くものがなかった。

すごく雰囲気はいいのに、
メッセージは伝わってこないし
何やってるのかなーと、引いて見てしまう。

感受性鈍ってる?私。

mieru
mieruさん / 2014年9月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

煙たい映画

しかし喫煙シーンが多い映画だ。
最近の人にはわかりにくいでしょうね。
煙草をのむ人の気持ちが。
美しい映画。

しかし、今ひとつ話の中に入っていけない。
期待させられながら報いてもらえない感じです。

話をわざと解り難くしようと思えてならない映画でした。
もっと素直につくれば(ありきたりになる可能性はありますが)良い映画になったでしょうに。

シネパラ
シネパラさん / 2014年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待とは裏腹にあっさり終わったw ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

w不倫?とあって・・・もっとドロドロかと思いました。
夫とはゴタゴタしましたが・・・あっさり別れ
中年男と年下の男の間をどっちつかずとしている女性。
ちょっと終盤、「どうしたいんだ・・・」と疑問でした。
不倫ものってこんな感じなのでしょうか?
微妙な女心は作品にマッチしていましたが
もう少し激しい感情シーンも多く入っていたほうがわかりやすかったと思います。
最後もあっけなく・・・終わる。
不倫とはこうして答えなきものなのでしょうか?
てっきり年下の男と一緒になる?なんて期待していましたが
期待とは違って
なんか物足りなさをかんじました。
でも、キャスト陣の演技は私、好きで
やはり脚本がイマイチ?な印象です。
あと10年くらい年取ったらもう一回見てみようかなwww

tomo55
tomo55さん / 2014年8月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

40件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi