かかしの旅
ホーム > 作品情報 > 映画「かかしの旅」
メニュー

かかしの旅

劇場公開日

解説

幼い頃の事故が原因で右足が不自由となり“かかし”と呼ばれ、いじめらている少年が家出をする。その中で出会った仲間達との交流を通じて成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。監督は『右向け左!自衛隊へ行こう』の冨永憲治。主演は『東京ゾンビ』の林瓏。共演に岩井七世、大河。

ストーリー

中学生、伊藤卓朗(林瓏)が家出をした。彼は幼い頃、家のベランダから落ちて右足を悪くしたため、足を引きずるように歩き、まっすぐ立つことができない。同級生は彼のことを“かかし”と呼んだ。彼は、小学生の時、声が出ない病気にかかった。「しゃべれないくせに学校にくるな」同級生のいじめに無抵抗だった彼は、中学生になって、さらに執拗ないじめにあう。「ぼくがいじめられるのはいいんです。いじめられる理由があるから……でもヤスオは違う」同級生のヤスオが自殺したことで、彼の中で何かが変わった。中学2年生の1学期、かかしと呼ばれた少年・卓朗は、学校と家から飛び出した。泊まるところも食べ物もない。そんな彼を救ったのは、同じように学校と家を捨てたイタヤ(上原裕也)、ラー(大河)、マック(平尾勇気)だった。仲間たちとの共同生活で、平安な日々を過ごしていた卓朗だったが、中学校の山下先生が、自分を捜していることを知る。「驚いた。家出してもう2週間、誰も僕のことなんか捜してないと思っていたのに。心配してないと思っていたのに」卓朗は、ノートに先生への手紙を書き始める。「先生。僕を探さないでください……」かかしはなぜ、家出をしなければならなかったのか……。...

スタッフ

監督
脚本
岩田元喜
原作
稲葉真弓
企画
相澤徹
プロデューサー
神成文雄
撮影
寺沼範雄
美術
落合亮司
音楽
川崎真弘
録音
福田伸
音響効果
柴崎憲治
照明
森谷清彦
編集
大高勲
衣裳
藤原百合
ラインプロデューサー
佐々木文夫
助監督
鈴木朋生
記録
石山伸子
メイク
横銭政幸

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 フィルム・クレッセント
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • いいんだよ、無理に話さなくても・・ ネタバレ! 映画「かかしの旅」(冨永憲治監督)から。 小さい時、ある事故で右足が不自由になったことから 学校では「かかし」と呼ばれ、苛められていた少年が家出をした。 しかし、行くあてもなく、コンクリートの階... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2014年3月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi