108 hyakuhachi
ホーム > 作品情報 > 映画「108 hyakuhachi」
メニュー

108 hyakuhachi

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

性的倒錯者たちの苦悩と狂気をテーマに、抑えられない人間の欲望を極限まで追及した異色の人間ドラマ。監督は、これがデビューとなる岡下慶仁。出演は、関西を拠点に活躍する劇団、チームKGBのビーバー藤森。

ストーリー

作家志望の青年・大介(ビーバー藤森)は、密かに少女嗜好の性癖を持っていた。フラストレーションが溜まる毎日を過ごす中、ある日、理性を無くした大介は、実際に少女を誘拐しようと試みるも、未遂に終わり警察に捕まる。刑期を終え、出所した大介は、一からやり直そうと新しい生活を始める決心した。ある日、刑務所で知り合った友人が、大介の元を訪ねてきた。友人は「性的倒錯者が集まるカウンセリングに来ないか?」と、大介を誘う。その性癖によって恋人からも見捨てられ、失意の大介はわらをもすがる思いでカウンセリングに参加する。そこで出会った男・宮崎に大介は共感し、彼を心の拠りどころとする。大介の生活は軌道に乗り始め、執筆活動も順調と思われた矢先、衝撃の事実が判明する。なんと宮崎は人気アイドルを密かに誘拐して、監禁していたのだった。しかし宮崎の隙を突いてアイドルは逃げ出し、それに動揺した宮崎は、自殺という道を選んだ。彼の死はミーティングを解散に追い込み、そして大介は宮崎の死を受け入れられずに、精神を半ば崩壊させる。理性を完全に失い、再び自分の性癖に順応し始める大介は、予想外の行動に出るのだった。...

スタッフ

監督
脚本
近内陽佑
製作
永藪綾
撮影
北島歩
美術
近江浩之
エンディングテーマ
あがた森魚
音響
岸本祐典
衣裳
梶原由佳子
記録
堀北阿希

作品データ

原題 108
製作年 2005年
製作国 日本
配給 シンセカイピクチャーズ
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi