輪廻(2005)
ホーム > 作品情報 > 映画「輪廻(2005)」
メニュー

輪廻(2005)

劇場公開日

解説

前世の因縁を背負った新人女優に降りかかった恐怖を描いたミステリー・ホラー。監督は「THE JUON/呪怨」の清水崇。脚本は、清水監督と安達正軌の共同。撮影を「愛してよ」の柴主高秀が担当している。主演は「ぼくの孫悟空」の優香。尚、本作は『Jホラーシアター』の第3作として、製作・公開された。

ストーリー

35年前に、群馬県のホテルで実際に起きた大量無差別殺人事件。新人女優の渚(優香)は、監督の松村(椎名桔平 )によってその映画の大役に抜擢されるが、以来、彼女の身辺に不気味な少女が現れるようになる。果たして、それは事件の犯人である法医学教授・大森(治田敦)に殺害された彼の娘・千里で、渚が演じる役のモデルでもあった。更に、役作りの為に訪れた実際のホテルで、彼女は記憶を辿るように客室のひとつに導かれて行く。そこは、千里の殺された部屋だった。奇妙な符合の数々、渚の脳裡に忌まわしい考えが浮かぶ。「私は少女の生まれ変わりなのだろうか?」 一方同じ頃、女子大生の弥生(香里奈)もまた、妙な夢に悩まされていた。夢に出てくるのは、いつも同じ赤い屋根のホテル。そう、それはまさしく事件の起こったホテルであった。彼女もまた、被害者の生まれ変わりなのだろうか? 映画『記憶』の撮影が開始された。しかし、撮影の為にスタジオに再現されたホテルのセットにいた筈の渚は、いつの間にか惨劇のホテルに迷い込んでいた。そんな彼女の前で、大森が次々と殺戮を始める。大森は狂ってなどいなかった。肉体と魂の研究をしていた彼は、輪廻転生の実験を試みていたのだ。そしてその中で、渚は被害者とその生まれ変わりの人々を目の当たりにしていく。驚いたことに、松村は千里の兄・優也で、弥生は千里の生まれ変わりであったことが判明した。では、自分は一体? 実は、大森の生まれ変わりだった渚。それに気づかされた時、彼女は発狂した。...

スタッフ

監督
脚本
清水崇
安達正軌
原作
大石圭
エグゼクティブプロデューサー
濱名一哉
小谷靖
プロデューサー
一瀬隆重
撮影
柴主高秀
ステディカム
清久素延
航空撮影
山口修
美術
斉藤岩男
装飾
松本良二
音楽
川井憲次
音楽プロデューサー
慶田次徳
主題歌
扇愛奈
録音
柿澤潔
サウンドエフェクト
柴崎憲治
照明
渡部嘉
編集
高橋信之
衣裳
清水寿美子
スタイリスト
宮本茉莉
森幸代
音楽編集
浅梨なおこ
キャスティング
山口正志
アソシエイトプロデューサー
木藤幸江
ラインプロデューサー
福島聡司
製作担当
若林雄介
助監督
安達正軌
スクリプター
岩倉みほ子
スチール
竹内健ニ
視覚効果
松本肇
特殊効果
岸浦秀一
3Dデジタル
笹江政毅
武隈樹成
塚田均
大畑智也
2Dデジタル
菅原万理子
田口清隆
越村和美
特殊造形
松井祐一

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • 優香ちゃんすごい ホラーなんだけどサスペンス要素もしっかりしてる。 ヒロインの優香ちゃんが、だんだんやつれていく様がとてもよかった。 脇を固めるキャラも、どういう関係なのか、どう関わってくるのか、謎めいてる。 ま... ...続きを読む

    ロッパ ロッパさん  2014年7月5日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「輪廻(2005)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi