劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
ホーム > 作品情報 > 映画「劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」
メニュー

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

劇場公開日

解説

戦国時代を舞台に、仮面ライダーと人間が協力関係を結ぶきっかけとなったエピソードを綴ったヒーロー・アクション。監督は、本作が劇場用初監督作となる『燃えろ!!ロボコンVSがんばれ!!ロボコン ロボット学院の秘密』の坂本太郎。石ノ森章太郎の原作をベースに、「仮面ライダー ブレイド MISSING ACE」の井上敏樹が脚本を執筆。撮影を、同じく「仮面ライダー ブレイド MISSING ACE」のいのくままさおが担当している。主演は、「大安に仏滅!?」の細川茂樹と「逆境ナイン」の栩原楽人。尚、本作は「魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁」と2本立公開された。

ストーリー

巨大魔化魍のオロチに、響鬼が倒された。少年・明日夢は、オロチの攻略法を探して1冊の古文書を発見する――。仮面ライダーが”鬼“と呼ばれ、人間と協力関係になかった戦国時代。明日夢という名の少年が暮らす村では、毎年、若い娘がオロチの生贄として捧げられていた。そして、今年の生贄に選ばれたのは、明日夢の幼なじみであるひとえだった。ひとえを助けたい。明日夢は、兄・猛士の仇である鬼の力を借りる決意をする。こうして、カブキら7人の鬼たちが集められた。だが、オロチの強大な力には歯が立たないばかりか、実は魔化魍に寝返っていたカブキがこの場に乗じて鬼たちを倒そうと画策していたのだ。それを知った響鬼は、カブキを倒すと、猛士が作った刀を武器に、他の鬼たちと力を合わせオロチに挑んでいく…。とそこで、古文書は終わっていた。果たして、鬼たちはオロチを倒せたのだろうか? その時、再びオロチが出現したとの報せが入った。意識を取り戻した響鬼と共に、現場に駆けつけた明日夢は、そこで古文書にあった刀を見つけ響鬼に渡す。すると、響鬼はその装甲声刃によって武装強化。”装甲響鬼“となって、見事、オロチを倒すことに成功するのだった。...

スタッフ

監督
特撮監督
佛田洋
脚本
井上敏樹
原作
石ノ森章太郎
撮影
いのくままさお
美術
大嶋修一
音楽
佐橋俊彦
照明
斗沢秀
その他
Rin
竹田道弘

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi