HERO(2005)
ホーム > 作品情報 > 映画「HERO(2005)」
メニュー

HERO(2005)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

インターネットほか様々なメディアで活躍するクリエイター集団、DENDROBIUMによる意欲作。秘密組織の実験の後始末という汚い仕事に従事する青年の悲哀を描くSFドラマ。ショート・ムービーとして製作され、全4話から構成されている。演劇の世界で活躍中の若手俳優陣をキャストに迎え、超低予算ながら独特の世界観が確立されている。

ストーリー

“ヘルティック”という謎の組織の雇われの身である奥山純太(小原雄平)。彼は組織の実験の後始末として、不必要になった人間や『怪人化』された実験サンプルを処分する仕事に就いていた。自身の体も改造され、組織の最末端として汚い仕事に従事する純太は、組織内部で皮肉まじりに「HERO」と呼ばれていた。冷酷で全てにおいて無関心な彼の心は、ある意味平等で理想的に見えるが、保守的で殻に閉じこもったような印象も受ける。ある日、定期メンテナンスを受けていた純太は、昔の、彼がまだ普通の人間だった頃に書いた小説のことを語りだす。それはさらわれた恋人を探し求め、一心に愛する純粋な少年の物語だった。そこには彼が「HERO」になった理由、そして彼の、人生への渇望と絶望が映し出されていた。ある日、純太の前に、伝達指示と監視のために組織から送られてきた娘・水越鈴が現れる。明るく社交的でよく喋るが、虚言癖があり、善悪の分別が曖昧な鈴。彼女は可愛い顔とは裏腹に、目の底に狂気を湛えている。鈴のつかみどころの無い性格、思わせぶりな態度や行動は、純太に動揺と変化と葛藤をもたらす。無論、それも組織の計画の一部なのだが…。人はどうして、皆幸せになれないのか。血に染まりながら、純太は思う。やがて彼は、鈴に導かれるかのように変化してゆく。...

スタッフ

監督
脚本
田村祥宏
撮影
星原弘樹
音楽
藤井雄大
北村貴広
編集
田村祥宏

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 アップリンク
上映時間 37分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「HERO(2005)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi