新暗行御史
ホーム > 作品情報 > 映画「新暗行御史」
メニュー

新暗行御史

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

原作・尹仁完、作画・梁慶一、共に韓国人でありながら日本のコミック誌『月刊サンデーGX』で連載された人気コミックを映画化した、日韓合作による初の長編アニメーション。『暗行御史』や『春香伝』といった韓国の古典を新たな解釈でアレンジしたアクション・ファンタジー。監修・プロット・脚本を「クレヨンしんちゃん」や「サクラ大戦 活動写真」の本郷みつる監督が手がけており、その本郷監督の下でTVアニメ『カスミン』などの演出を担当した志村錠児が、劇場用アニメ初監督に挑んだ。

ストーリー

いにしえの時代、東方に聚慎(ジュシン)という名の国があり、そこには“暗行御史(アメンオサ) ”と呼ばれる隠密要因がいた。暗行御史は、王の特使として秘密裏に地方を巡り、悪政を糾弾し、庶民を救う聚慎の特殊官吏であった。その聚慎の国は滅んだがひとりの暗行御史、文秀(ムンス/声:藤原啓治)はいまだ、乱世を流浪っていた。かつての友であり、そして聚慎を滅ぼした張本人でもある、ひとりの男の姿を求めて…。砂漠で行き倒れた文秀は、獣医の青年、夢龍(モンリョン/声:岸尾大輔)に救われる。悪辣な領主、弁(ビョン/声:中尾隆聖)に恋人の春香(チュンヒャン/声:小林沙苗)を連れ去られた夢龍は、彼女を取り戻すために暗行御史になることを夢見ていた。しかし、二人は砂漠の食人鬼・サリンジャーたちの襲撃を受け、夢龍はその凶刃に倒れてしまう。窮地を切り抜けた文秀は、夢龍の故郷である弁の領地へと向った。圧政に苦しむ民衆は、暗行御史の来訪を待望していた。そこに突然、夢龍が帰郷したため、人々は彼が暗行御史になって戻ってきたと色めき立つ。だが、そんな彼らに向って夢龍は告げる。「救いばかり求める奴に奇跡は起こらない。これから起こることは、すべて偶然だ」と。弁の眼前に現れた夢龍は、その変装を解く。彼の正体は、文秀だった。「暗行御史の出頭(おでまし)だ!」文秀は、暗行御史の証である“馬牌(マハイ)”の中でも究極の力を持つ“三馬牌”を使って、幽幻兵士(ファントム・ソルジャー)を召還し、弁の配下をなぎ倒していく。だがそこに、幽幻兵士を一刀の下に斬り倒す、ひとりの女闘士が現れた。夢龍の恋人、春香である。剣の達人である春香を、弁は催眠術によって思いのままに操ることができたのだ。春香の圧倒的な剣技によって、文秀は追いつめられていく。だが、恋人である夢龍の死を知った春香は正気を取り戻し、弁は蜂起した民衆によって討ち倒された。さらなる流浪の旅に出た文秀の後を、春香は追っていく。暗行御史の護衛である“山道(サンド)”となって、文秀とともに行くことを、彼女は選んだのだ。海岸に辿り着いた文秀と山道は、そこで記憶をなくした少年、浚(ジュン/声:福島潤)と出会う。浚の持っていた奇妙な草の葉が気になった文秀は、彼の故郷の島へと渡った。その島は一見すると、美しく平和な場所のように思えた。だが文秀は、気がついていた。島でただひとりの医師であり、その鍼(はり)で死人をも生き返らすために、「奇跡の人」と呼ばれている柳義泰(ユイテ/声:宮本充)が、自分の追い求めている“あの男”と、同じ気配を漂わせていることに…。やがて文秀に、凄腕の刺客“摩利(マーリ/声:朴路美)”の振るう剣が襲いかかった。文秀を守る山道と摩利の間で、死闘が開始される。事態が急速に動き出す中で、文秀は“奇跡”の背後に隠された、恐ろしい真実を暴き出す……。...

スタッフ

監督
脚本
志村錠児
本郷みつる
原作
尹仁完
プロデューサー
加治屋文祥
キャラクター・デザイン
高橋英樹
美術
小林七郎
音楽
大谷幸
その他
本郷みつる
亀井修
チョン・ファン
梁慶一
高橋英樹

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 クロックワークス
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「新暗行御史」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi