ヤンキー・エレジー
ホーム > 作品情報 > 映画「ヤンキー・エレジー」
メニュー

ヤンキー・エレジー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

田舎町で悶々と生きる高校生の青春を独特の視点で切り取った新人・本間由人の初監督作品。PJ映像祭など数々の映画祭で審査員、観客から支持を集め、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアターコンペ部門においては審査院長・哀川翔の絶賛のもと「哀川賞」を受賞。新作「飲尿白書」「僕のリビドー」と合わせての公開となった。出演は、共にオーディションで選ばれた蛭田正継、日置滋土。

ストーリー

吉彦は志望校に落ち、不良ばかりの高校に通っているためにカメレオンヤンキーをしている。つまり、校内で浮かないように格好だけでも周囲に同化させているのである。たまにボンタン狩には遭うが、成績は常にトップクラスである。そんな彼のもとに、本物のヤンキー清が弟の軍司の勉強を見て欲しいと頼んできた。小学5年生の軍司は、母からヤンキーになりたくなかったら私立の学校に行くように言われているが、勉強してもなかなか成績が上がらない。2つ返事で軍司の勉強を見ること引き受けた吉彦。軍司には、ヤンキーなのにメガネをかけていて、兄より頭がいい吉彦が奇妙に見える。そんなある日、吉彦はテストの成績が悪く沈んだ表情の軍司に遭遇する。せっかく吉彦に教えてもらったのにとベソをかく軍司が可哀相になった吉彦は、テストの点数をごまかして書いてしまう。その翌日、吉彦は点数のごまかしがあっさりバレてしまったことを知る。軍司にバカ呼ばわりされ落ち込む吉彦はまたボンタン狩りに遭ってしまう。そんな吉彦も、17歳の誕生日を迎え青春真っ只中、のはずだったが……。...

スタッフ

監督
脚本
本間由人
プロデューサー
韮澤智三郎
撮影
坂元鬼啓二
照明
小舟統久
助監督
井上都紀
山岸周作
福永真弓
その他
高岡里恵
高橋大輔
氷川一喜

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
上映時間 16分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi