沙羅双樹
ホーム > 作品情報 > 映画「沙羅双樹」
メニュー

沙羅双樹

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「萌の朱雀」(97)で、カンヌ映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞する鮮烈なデビューを飾り、続く「火垂(ほたる)」(00)では生と死の物語を四季を通じて織りあげた河瀬直美監督が、三たび故郷の奈良を舞台に描く。主人公の俊を演じるのは、奄美大島出身のストリート・ミュージシャンの福永幸平。俊の幼馴染み・夕(ゆう)には、1000人を超えるオーディションから選ばれた兵頭祐香。ほか生瀬勝久、樋口可南子、そして監督の河瀬直美が俊の母親、礼子役で女優としても出演。音楽をUAが担当している。16ミリからのプローアップ。2003年6月21日奈良・奈良観光会館地下劇場/大阪・シネ・リーブル梅田にて先行上映。

ストーリー

1997年、夏。長い歴史を持つ奈良には、今日でも古い建造物や伝説が残っている。その旧市街地で代々墨職人を受け継いできた麻生家の、ひっそり静まりかえった作業場では、双子の兄弟が戯れている。眩しい夏の光りに誘われて路地に駆け出した兄“圭”を必死に追う“俊”は、入り組んだ辻を勢いよく駆け抜けてゆくが、ふと曲がりきった辻に消え入るかのように圭の姿を見失う。 神隠しなのか? 事件に巻き込まれたのか? 古来よりお守りとして、軒先に吊るされた身代わり猿(庚申・こうしん)だけが真実を知りうるのか……。両親の必死の捜索にもかかわらず、圭の行方は分からないまま、無常に時は過ぎてゆく。2002年、夏。17歳に成長した俊(福永幸平)は、美術部に在籍する高校生。幼馴染みの同級生・夕(兵頭祐香)とは、言葉にならない淡い気持ちを共有しあっている。今日もいつものように、自転車の後ろに夕を乗せて下校する俊。家の軒先には、色あせた身代わり猿が5年前のまま釣り下げられている。墨職人の父・卓(生瀬勝久)は、間近に迫った<バサラ祭>の実行委員長として、準備や打ち合わせに余念がない。臨月を迎えた母・礼子(河瀬直美)は、大きなお腹を抱えて畑仕事に精をだし、生まれてくる命に家族の絆が再生することを期待しているようだ。俊はといえば、屋根裏部屋にこもって、等身大のキャンバスに向かい、決して忘れることのない圭への想いを刻みつけている。女手ひとつで夕を育てあげた母、晶子(樋口可南子)は、気丈に小料理屋を切り盛りし、夕もそんな母の仕事をそっと支えている。やがて、あの日から5年目の地蔵盆の日が近づいてくる。そんなある日、俊の家を刑事が訪れ、圭の消息が知らされる。言葉にならない悲しみに沈む麻生家の中で、ひとり俊は、重すぎる事実をまだ受け止めることができずに、人目もはばからずに泣く。一方、夕は自らの出生の秘密を母から明かされる。それぞれに失ったものを胸に秘めつつ、引き寄せられるかのように二人きりになる俊と夕。夕闇が優しく彼らを包み込む。そして、バサラ祭が始まった。人々の熱気の中でも、卓の入れ込み方はひときわ群を抜いている。先頭を切って踊る躍動感に満ち溢れる夕に、人員整理係の俊も引き込まれて踊り出し、心地よい通り雨に祭りはピークに達する。翌朝、完成した俊の絵を前に、夕は手作りの身代わり猿を俊に手渡す。そんな二人の元に、礼子の様子が大変だとの知らせが卓から入る……。...

スタッフ

監督
脚本
河瀬直美
製作総指揮
中村雅哉
企画協力
遷都
組画
製作
高原建二
安達暁子
猿川直人
長澤佳也
プロデューサー
長澤佳也
撮影
山崎裕
音楽
UA
照明
佐藤譲
「沙羅双樹」製作委員会
松本豊
角田豊
新谷弘
松山浩士
百々俊二
長澤佳也
制作協力
リアルプロダクツ

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 日活=リアルプロダクツ
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第56回 カンヌ国際映画祭(2003年)

出品
コンペティション部門
出品作品 河瀬直美

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「沙羅双樹」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi