狂熱の白昼夢
ホーム > 作品情報 > 映画「狂熱の白昼夢」
メニュー

狂熱の白昼夢

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エロスをテーマにした世界のさまざまな国を代表する監督たちによる短篇オムニバス「アート・オブ・エロス」の一編。監督・脚本は「GO! GO! L.A.」のミカ・カウリスマキ。総製作はハル・ハートリー短篇「KIMONO(原題)」のドイツの女流プロデューサー、レジーナ・ツィグラー。出演は「レニングラード・カウボーイズ」シリーズや「浮き雲」でカウリスマキ兄弟映画常連のカリ・バーナネンほか。

ストーリー

ブラジル、コパカーナ。世界的に著名な音楽指揮者エリック(カリ・バーナネン)は、リゾートホテルでひとり休暇を楽しんでいた。ビーチでくつろいでいると、豊満な体に褐色の肌、豊かな黒髪の美女が現れる。彼女は地元のサンバ・ダンサーで、わけあって街のならず者たちに追われていた。彼女の魅力に惑わされたエリックは、彼女の逃亡に巻き込まれ、夜の街を疾走する。艶やかなドラッグクイーンが踊るクラブ、サンバ・カーニバルの広場などを走り抜け、ふたりは海辺に行き着く。夜の浜辺で彼女と官能的に結ばれるエリックだが、彼女の追っ手がすぐそばまで迫ってきていた。彼女を守るため、エリックはナイフを持った男と格闘する。次の瞬間、エリックはビーチで目を覚まし、我にかえる。ぼんやりとした頭を抱えてホテルのエレベーターに乗り込むと、そこに入ってきたのはなんとあの女性と、追っ手だった男のカップルだった。良く見ると、彼女は女装した男であった。現実に引き戻されたエリックは、手持ち無沙汰のままエレベーターに描かれた画の女性に寄り添い、自らの気を紛らわせるのだった。...

作品データ

原題 Sambolico
製作年 1996年
製作国 フィンランド・ブラジル合作
配給 マグナム=ビューズ
上映時間 29分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi