羽のある瑕
ホーム > 作品情報 > 映画「羽のある瑕」
メニュー

羽のある瑕

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

死んだ自分自身についての幾つかの記憶と、親しい6人のインタビューで構成した極私的短篇。監督・脚本は「鎖骨の下の」の荒牧亮子。撮影を「鎖骨の下の」の岩井天志が担当している。尚、本作は特集上映『荒牧亮子の映画世界』の中で公開された。第8回ふくいビエンナーレ最優秀賞受賞作品。16ミリ。

ストーリー

12月10日、私は死んだ。だが、私には幾つか憶えていることがある。逃げた鳥を部屋中追いかけたこと、鎖骨の下にある傷とその傍らで揺れる南十字星のネックレスのこと、古い住所録を整理しながら顔さえ想い出せなくなった人たちとのことを思ったこと、ベルギーワッフルを食べている男とぶつかり鯛焼きを落としてしまったこと(その時、私は男を殺してやりたい衝動に駆られた)、蜂蜜の中で夢見心地で死んでいった蟻を眺めたこと、ピアノの下でペダルを踏む母の足を見たこと。来年の命日には何人かの愛しき人々が、そんな私との想い出を語ってくれるに違いない。...

スタッフ

演出
岩井天志
構成
荒牧亮子
脚本
荒牧亮子
企画
荒牧亮子
撮影
岩井天志
坂本つかさ
照明
岩井天志
編集
荒牧亮子

キャスト

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 自主
上映時間 38分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi