Paraiso パライソ
ホーム > 作品情報 > 映画「Paraiso パライソ」
メニュー

Paraiso パライソ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

死んだ父親の遺志を叶えるべく、キューバへ人探しにやってきた女性の心の成長を、オール・キューバ・ロケで描いた青春ドラマ。監督は、本作で本篇デビューを飾ったテレビ界出身の高橋宏辰。脚本は、テレビ番組の構成作家の経歴を持つ黒田順子と高橋監督の共同。撮影を二本松昭彦が担当している。主演は、映画初出演となる歌手・南英子。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

たったひとりの肉親である父親を亡くしたミュージシャン志望の栄子(南英子)は、「必ず本人に渡して欲しい」という父親との約束を果たすべく、父親から預かった小さな箱を携えて、ひとり異国の地であるキューバに降り立った。早速、彼女は箱の受取人である「MAKOTO」という人物を探し始める。だがスペイン語を喋れない栄子にとって、キューバは驚きとハプニングの連続。そんな彼女に、日系三世だという青年カルロス(北村シンヤ)が声をかけてきた。お調子者の彼を疎ましく思いながらも、日本語を話してくれる心安さから、彼にMAKOTO 探しを手伝ってもらう栄子。しかし、MAKOTO は父親の書き残した住所には既におらず、栄子は途方に暮れてしまう。そんな時、カルロスは日本人とのハーフである女性・ハルコ(織平真由美)を栄子に紹介する。かつて漁業協力でキューバを訪れた日本人が現地の女性に生ませた子であるハルコなら、キューバ在住の日本人に詳しいと思ったからだ。果たして、ハルコはMAKOTO を見つけてくれた。だがその人物は、栄子より年若い少女で、しかも彼女は栄子の父親がキューバに単身赴任していた時に、現地の女性に生ませた腹違いの妹であることが判明する。突然の妹との対面に、ショックを受ける栄子、そして父親の死の知らせに、涙を流すマコト。お互いの存在をなかなか受け入れられないふたりは、箱の中にあった住所を頼りに、ある酒蔵へ赴く。そこには、それぞれ栄子とMAKOTO にあてたふたつの酒樽が保管されていた。それは、15歳の成人式を迎えた我が子に父親が贈る、キューバの伝統的なお祝いの品だった。翌日に成人式を控えていたMAKOTO は父親の優しさを感じるも、栄子は納得がいかない。しかし、やがて栄子も自分は天涯孤独ではなく、キューバの地に腹違いの妹MAKOTO がいることを自分に知らせたかった父親の気持ちを、理解するようになっていく。翌日、清々しい心持ちでMAKOTO の成人式のパーティに参加した栄子。再びキューバに来ることをカルロスたちに約束して、歌手デビューのチャンスを賭けたオーディションを受ける為に、栄子は帰国の途に着くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
黒田順子
高橋宏辰
企画
斎藤晃
プロデューサー
菊田昌史
ルイス籠谷
撮影
二本松昭彦
撮影プロデューサー
エベリオ・デルガード
アートディレクション
長友啓典
美術
アレン・ジェーロ
主題歌
MINAMI
録音
リカルド・ペレス
音響効果
小西香葉
照明
ロベルト・モレール
選曲
加瀬丈裕
アシスタント・プロデューサー
小野みねり
大野俊介
助監督
セリシア・ロドリゲス
スクリプター
アリーナ・ポンボ

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 ゼアリズエンタープライズ
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi