ガメラ3 邪神(イリス)覚醒のレビュー・感想・評価

ガメラ3 邪神(イリス)覚醒

劇場公開日 1999年3月6日
7件を表示 映画レビューを書く

スゴイ亀を見たく無いか?問題作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本の怪獣映画があれば何もいらないと思っていたあの頃。
あの時の衝撃を濃縮した様な怪獣映画。
これは日本人にとっての神話だったのだと思う。
そして超古代日本と現代日本と怪獣映画のタブーに颯爽と
喰らい込む凄みがある。
やはりこの映画にも文明批判の力が宿っている。

余 疏涅
余 疏涅さん / 2017年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高の怪獣映画

いままで怪獣映画といえばゴジラしか見ていなかったので最近になり平成ガメラ三部作を一気に鑑賞したが、すごく面白かった!
また見てみたいと思える作品でした!
この三部作を締める最後のガメラはガメラの存在そのものに注目していて、とてもいい作品でした!
イリスもデザインが良く格好いいです。(*´-`)

リ=ネイ・ケノービ
リ=ネイ・ケノービさん / 2017年3月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理解されなくても、味方より背中から撃たれても、貫き通す!

三部作。
90分クラスと言えど、三作のまとめ見はシンドかった( ̄(工) ̄)

でも。見て良かった。

踊る大捜査線にチョイ役で出てた仲間由紀恵さんが本作にも。。。
(シンゴジラで、俳優さん達がチョイ出演するのに、何かしらこの辺は繋がっているのだろうか?)

〜〜〜

漢なら、きっと皆いつか一度は言ってみたいセリフ。。。
『ここは俺に任せて、お前達は先に行け!
なぁに!すぐに追いつくさ!!!』
・・そう。
↑の中二を全力で行く亀。いや・・現代の玄武がガメラだ!ガメラなのだ(=´∀`)人(´∀`=)

ロードオブザリングとかもそうだけど、ハナから連作で作られた作品は、まとめて一本!と評価すべきだ!
(・・て事は?ハリポタは九作で一作?)

結果結論として。
仮評価だった☆④で、俺的に評価させて頂いた。

全体的に。。。
②のレギオンは宇宙からの生命体なので、良いが。
イリスのデザインはどうにか出来なかったか?
それだけ難点だが。。。

①と②の説明ゼリフと言うか、ストーリーの帰結を考える作品!とこうなってしまうのは、まぁ仕方ないか?

結果的に、三作連続で見て良かった(疲れた!)。

☆(旧作70円レンタル基準で)評価】④
*ちなみに、シンゴジラは劇場公開¥1300円基準の④だ。
ま、こちらは20年前の作品なので、水平比較は出来ないが。。。

もう一回(三作続けて)見たい度】④
DVD買う度】④
オススメする度】*①はオススメ。
→で①が好きな人には②もオススメ。
→①②両方好きな方のみに③をオススメ。
②のレギオン来襲が一番好きかな?(*本作も嫌いでは無い。)

映画偏差値】(三作まとめて見るなら→)高め
映画経験値】中程度
(*本作に関しては、①②を見てないとカケラも理解出来ないだろうし、おもろく無いだろう。)

邦画の良さは?
①時代劇(サムライ/忍者系)
②ジャパニーズホラー(貞子伽倻子系)
③サブカル系
④脚本劇
⑤ジャパニメーション
〜と来て・・
⑥特撮系 の六つなのだろうな。と1人納得。

ハリウッド的なのは、日本では無理だろう。
でも。
それは決して悪い事でも何でも無い。
それはそれ。これはこれだ。

専守防衛な自衛隊。
人を恨む事と赦す事。
信じる事と護る事と想う事。
怪獣が、俺達に教えてくれる。

俺は日本が好きだ。日本人が大好きだ。

ありがとうジプシーデンジャー。
ありがとうヤシオリ作戦。自衛隊。。。
ありがとうガメラ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2016年9月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やりたいことは分かるけど、上手くいってない。

イリス覚醒ではガメラの被害で殺された少女をメインに据え、正義の使者であるガメラの印象をガラッと変えている。
ガメラ大怪獣空中決戦でも、人々が瓦礫に押しつぶされているであろうショッキングなシーンはあったが、それほど多くはなかった。それが今回はガメラの爆風やバラバラになっなギャオスの肉片に押しつぶされて死ぬ人々など、ガメラの持つ負の側面を強くクローズアップした作品になっている。
多数を守るための少数の死に対してアンチテーゼとなりうる作品ではあったが、最後はなんやかんやで、やっぱガメラだよね、って所で、消化不良で終わる。
ガメラの巫女に対する、イリスの巫女という対比が面白かったはずだが、ガメラの巫女ですら、その存在の希薄さがあるのに、その対比として特にこれというインパクトもない。
やりたいことは分かるけど、あまりうまくいっていない印象。イリスが少女を取り込んで、ガメラが助けるってのも、とってつけたような展開。

夢見る電気羊
夢見る電気羊さん / 2015年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理解し合う努力に終わりはない

平成ガメラ三部作のラストを飾るこの映画。
かつてガメラとギャオスの戦いによるガメラの活躍で家族を亡くした綾奈は、レギオンそして常となったギャオス飛来の世界で、ガメラを憎む半ばアンチヒロイン的な少女である。
渋谷に飛来したギャオスを倒す(劇中の雰囲気的には“殺す”の表現に近い)ためにガメラがまたもやってくるが、ギャオス殲滅のために放つプラズマ火球ならびに怪獣であるが故の巨体さによって、渋谷はギャオスと共に火の海と化す大惨事になる。
その光景を目にした綾奈が抱くガメラに対する憎しみは、深みを増し、
古くから伝えられている怪物「柳星張」を蘇らせてしまったことを契機に、怪物にかつての愛猫「イリス」の名を与え、ペットのように育てる。
いつか、イリスがガメラを殺す怪獣になることを夢見て・・・。

平成ガメラ三部作のラストを飾るこの映画は、前二作と違って、極めてローカルな視点から怪獣を描いている。
三部作の一作目である「大怪獣空中決戦」では、怪獣映画らしいミステリーを徐々に紐解き、日本がガメラとギャオスの立ち位置にてんやわんやするシンプルな映画。
二作目の「レギオン襲来」はガメラという人類にとって正義なのかというのをテーマに、種を越えた理解し合う希望を描いたものだった。
しかし三作目の今作は、人類皆深くに抱いている感情を一人の人間が私怨という形でガメラに反抗する話で、描き方も極めて個人的なもののように見える。
しかしこの三作品を通じて描かれた人類の損得勘定は、綾奈同様に誰もが抱くものであり、反論できない。
描き方はローカルだが、実際は極めて広い視野から描かれている。
誰もガメラを責められないし綾奈を責められない。その現実を見据えてもなお理解し合おうとするガメラと人類の関わり合いは、人間社会でも通用するテーマだ。
終盤で人類側は初めて気付かされる。ガメラは生態系を維持していると同時に人間も守っていると。
言葉を持たない、コミュニケーション出来ない関係の中、人間側が一方的に敵だ味方だと右往左往していただけだったのだと。

ラストが描写不足だという意見もあるが、テーマ的にこれは明確な答えは出ない物語であるため、あれで正解なのだと個人的には思う。
ガメラは再びギャオスに立ち向かうこと、それは「ガメラは生態系、そして人間を守っている」ことを意味するのではなく、
「ガメラ自身も生態系の一部として、理解されようと努力をする」という意味になっているのではないだろうか。
見ている側に正義の味方として明確な印象を与えるのではなく、正義の味方になろうと奮起するところを見せる。
ガメラと人類両者の理解が完全に出来ない以上、共に理解し合う姿を見せること。それがあのラストシーンではないのだろうか。

問題なのはデザインと脚本の、若干のミスリード感。
イリスのデザインはガメラとそれを取り囲むリアルな世界観とは裏腹に、極めてヒーローチック。
もっと落ち着いたデザインでよかった。
脚本は綾奈と倉田といった当事者とモブの扱いの長さが若干蛇足気味。
特に倉田らはあれよあれよと死んでしまい、それなら主人公たちが活躍して研究・結果を突き止めてもよかったじゃないかと。

細部の問題はいくつもあるが、
特撮シーンは15年経ったいまでも現行最高と言ってもおかしくない。
しかしそのせいでフルCGな部分は極めて陳腐に見えてしまっているが・・・。

チンプソン
チンプソンさん / 2014年8月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

とても良い着地点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いわゆる平成3部作の完結編としては、
申し分のないストーリーだと思う。

1作目の怪獣災害被害者を主軸として、
ギャオスの変異種を敵にもってくるあたりは、
昭和怪獣映画にはないテイストだし、
渋谷を舞台にした「怪獣災害の現場」も
実によく作りこまれていた。

 また、その冒頭、渋谷駅前の風俗スカウトと女の子の
チャラい会話の最中に突然ガメラ対ギャオスが開始
されるのは、高速異動できるガメラならではだ。

他の歩く怪獣では、避難勧告で出てしまっているため、
唐突な戦闘はありえない。

が、しかし。あくまで当初どおりの企画に
こだわってほしかった。
元々大映では、毛利郁子という「実生活でも蛇が好き」
という変り種女優を主役とした「蛇シリーズ」があった。

昨今では『淫獣学園』や『妖獣教室』が
スマッシュヒットだった。

当時休憩中だったゴジラにとってかわるべく、
博報堂が仕掛けたのは、ヒット要因の合わせ技、
「和風伝奇テイストのエロティックホラー特撮」路線で
当初は固まっていた。

当初は前田愛も脱がすつもりで、
博報堂担当者はその気だったという。

実際、前2作のヒロインでもある藤谷文子を
前田愛のポジネガ関係に持ってくるためには、
プラトニックなガメラ&藤谷文子に対して
肉体関係のイリス&前田愛の図式は不可欠だった
ようにも思うし、金子監督の突然の変更のおかげで、
脚本の直しも中途半端。

本来は全裸で保護されるはずだった前田愛が
金子監督自身の「趣味に走りすぎていないか」との
自戒から着衣で保護される場面に変更になったのに、
同級生の男子中学生が(優等生なのに)警官に
レイプ犯のように扱われるという
不自然な展開になってしまった。

また、前田愛の意識と同化したイリスが
村人を惨殺するのも理由不明。疎まれていたとはいえ、
大量殺人の理由は見当たらない。
そもそもきつく当たっていたのはオバさんだけで、
オジさんは遠慮気味だったし、お兄さんは
あからさまに擁護してくれていた。

それならばお世話になっていた家のオジさんが深夜、
前田愛の部屋の前に立っているシーンを入れて
危険な関係を深読みさせるなり、なんらかの伏線がほしかった。

元々樋口監督も関わっているだけに、
当時大ヒット中だったエヴァの要素が入るのは自然だったし、
エヴァの人気の理由も妖しい関係が隠し味になっているのは
自明だろう。

なにも実際に脱がさずとも、肌色の水着なり、
方法はいくらでもあっただろうに。
さらに演技力のある前田愛が劇中やたら眠っているのも、
もったいないな、と思った。

ただ、あいかわらず音楽がすばらしく、特撮も名人芸レベル。
ギャオス軍団との決着がつかないラストも、
余韻を残してよかったと思う。

とはいえ、これは完結編として観れば最高のラストだが、
独立した作品としてはやや食い足りない。
私は1本の映画としては1作目が一番好きだったりする。

ドラゴン
ドラゴンさん / 2013年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ダークナイト」がヒーロー映画の概念を覆したのなら、「ガメラ3」は怪獣映画の概念を覆す ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ダークナイト」がヒーロー映画の概念を覆したのなら、怪獣映画の概念を覆したのはこの「ガメラ3」だろう。
本格怪獣映画でありながら、一種独特の作品雰囲気とテーマを持ち合わせ、異色の怪獣映画と言えよう。

何故怪獣は日本にばかり現れるのか?
怪獣映画は日本で作られるから…ではなく、一つの答えを導き出している。
でもそれはあくまでもこの作品世界だけのものであるが、怪獣映画のタブーに挑んだ意欲は偉い。

少女が主人公となり同級生に嫌がらせを受けるなど、怪獣映画らしかぬシーンもある。
今回の新怪獣イリスは、ガメラに両親を殺されたその少女の憎しみが生み出した存在であり、怪獣の姿を借りて憎しみや復讐の恐ろしさと哀しみを訴えている。

ガメラは決して人類に対して敵意は無いが、その巨体が多くの犠牲を生む。少女の両親もそう。
怪獣の存在意義を問いかける。
それを最も表した、夜の渋谷におけるガメラ対ギャオスは、本編と特撮とCGが見事に融合し、特撮映画史上に残る名シーンとなった。

それでも人との絆を断ち切れないガメラ。
その絆がガメラを強くし、遂にイリスを倒す。
希薄になった人と人の交流をガメラが代弁してくれた気がした。

ラスト、イリスを倒したガメラに、世界中から集まったギャオスの群れが襲いかかる。
イリスとの戦いで満身創痍になりながらもギャオス群を迎え撃つガメラ。
…という所で映画は終わる。
本当はガメラとギャオス群の最終戦が描かれる予定だったが、敢えて描かなかった幕切れが絶妙。ここも怪獣映画としては意表を突く。
炎の海の中で仁王立ちするガメラの姿に、哀切と男惚れを感じた!

3作共もう何度も見ているが、全く飽きる事なく、いつ見ても大興奮&大満足!
怪獣映画史に燦然と輝く傑作シリーズだ!

近大
近大さん / 2012年8月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi