代官山物語 「探偵誕生」
ホーム > 作品情報 > 映画「代官山物語 「探偵誕生」」
メニュー

代官山物語 「探偵誕生」

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ひょんなことから探偵稼業に足を踏み入れることになった売れっ子カメラマンの活躍を、スタイリッシュな映像の中に映し出したディテクティヴ・ストーリー。監督は、これまでプロモーション・ビデオの演出などを手がけてきた信藤三雄で、これが劇映画デビュー作。脚本は川勝正幸。撮影を白尾一博と中川克也が担当している。主演は、ピース・フォースのメンバー・佐々木潤。16ミリからのブローアップ。

ストーリー

代官山にオフィスを構える売れっ子カメラマン、ヤジマックスこと矢嶋潤は、ある日、人気ミュージシャン・港マリのライヴで殺人事件に出くわす。事件の第一発見者で、ヤジマックスの友人である太田が容疑者として捕まったことから、彼は事件解明に乗り出すことに。ボンソワール・レコードのかおりちゃんの情報で、犠牲者の青年・今田のアパートを家捜ししたヤジマックス。彼は、そこで一般ピープルには入手不可能なマリのプロモーションCDを3枚発見。更にその中からLSDのペーパーを見つけるのだった。そんな矢先、ヤジマックスを何者かが襲う。辛くも襲撃者を撃退したヤジマックスであったが、翌日、彼はマリのマネージャー・伏黒が自殺したことをニュースで知る。ヤジマックスの頭に厭な考えが浮かぶ。これらの事件を関連づけると、そこに浮かび上がるのはマリ。そんなヤジマックスに、マリから呼び出しがあった。指定されたホテルに赴くヤジマックス。彼は、そこで今田と伏黒を殺した犯人がマリであったことを知るが、その時、マリのピストルの銃口がヤジマックスに向けられていた…。数日後、マリを挙げたヤジマックスの姿が代官山にあった。...

スタッフ

監督
脚本
川勝正幸
エクゼクティブ・プロデューサー
佐藤智則
篠崎順
プロデュース
佐々木裕美
深津昌和
撮影
白尾一博
中川克也
美術
信藤三雄
主題歌
佐々木潤
夏木マリ
録音
田村亥次
音響効果
小川広
照明
冨永よしえ
編集
信藤三雄
スタイリスト
梅山弘子
助監督
松尾慶二郎
スクリプター
森直子
スチール
冨永よしえ

キャスト

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 日本コロムビア=ヘラルド・ミュージック
上映時間 53分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「代官山物語 「探偵誕生」」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi