ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カットのレビュー・感想・評価

ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット

劇場公開日 1998年1月17日
2件を表示 映画レビューを書く

男の意地、友情、哀愁…見たいものは全てここにあった

男の意地、友情、哀愁…見たいものは全てここにあった

柴左近
柴左近さん / 2016年9月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スローモーションで見応え抜群!

いやぁ…いちいちセンスが良いです!特に冒頭の銃撃戦で、撃たれた人が落馬するとき、一瞬ですが主観映像になるところですね。死ぬ直前に目にした光景を観客に見せるところに、ペキンパー監督の作風が表れている気がします。
そして随所に登場する"子ども"の映像。なぜこんなにも"子ども"を写しているのか疑問でした。しかし実はテーマを理解するにあたって、とても重要なものだということに気がつきました。もう先が長くない強盗団の男たち。彼らは"時代"というもう一つの追手から逃れようとしています。その"時代"の象徴が"子ども"なのではないでしょうか。彼らがもはや過去のものだということを、より象徴的に描くための手法だと考えています。
それにしても、列車を襲う場面や橋を爆破するシーンは本当に見応えがあります。

ハットコック
ハットコックさん / 2015年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi