ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット
ホーム > 作品情報 > 映画「ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット」
メニュー

ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット

劇場公開日

解説

過激にして鮮烈な暴力描写で知られる名匠サム・ペキンパーの代表作にして、アメリカ映画史に新たな地平を切り拓いた映画「ワイルドバンチ」の監督編集版。脚本はワロン・グリーン。撮影は名手ルシエン・バラード。音楽はジェリー・フィールディング。出演は「サンセット大通り」「慕情」のウィリアム・ホールデン、「浜辺の女」「ダラスの熱い日」のロバート・ライアン、「マーティ」「北国の帝王」のアーネスト・ボーグナインほか。96年東京ファンタスティック映画祭でも特別上映された。

ストーリー

1913年、テキサスとの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら5人組は鉄道の駅舎で、突如、物騒な強盗作業を開始。まんまと事を運んだかにみえたが、鉄道会社の経営者が雇った3人の腕ききガンマンたちに逆襲されて大混乱。こちらのリーダーは仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)である。パイクたちが再び集まったのは老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の牧場だった。そしてサイクスも仲間に割り込んできた。再び旅が始まった。ソーントンとバウンティハンターたちが追う。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコ人の小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だ。だがエンジェルの恋人テレサが、マパッチをリーダーとする野盗の群れに掠われた。一味は彼を追って、さらに奥地へ。だがパイクもマパッチも、悪党であることに変わりはない。やっとのことで追いつき、商談らしきものが成立したが、そこは双方だまし合い。あげくの果てに悪と悪との壮烈な戦いとなり、すべてが死に絶えるというさま。そこへソーントンの一行がやって来た。死体をめぐって仲間割れ。ソーントンだけが生き残った。だが、そこへ現れたのが、サイクス老人だ。彼はパイク一味の仲間入りしたにもかかわらず同行せず、すべてが死んだ後に1人でやって来て、原住民と商取り引きを始めた。金のないソーントンなど手を出すすべもない。悪の中でも最高の悪が勝った開拓時代の1エピソードである。...

作品データ

原題 The Wild Bunch
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 ケイブルホーグ
上映時間 145分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全2件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

ビリー・ワイルダーの悲愁[DVD] タワーリング・インフェルノ スペシャル・エディション[DVD] ゴールデン・ボーイ[DVD] ネットワーク[DVD]
ビリー・ワイルダーの悲愁[DVD] タワーリング・インフェルノ スペシャル・エディション[DVD] ゴールデン・ボーイ[DVD] ネットワーク[DVD]
発売日:2005年1月22日 最安価格: ¥4,665 発売日:2009年12月9日 最安価格: ¥3,070 発売日:2015年1月26日 最安価格: ¥3,528 発売日:2008年9月26日 最安価格: ¥2,467
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ワイルド バンチ オリジナル・ディレクターズ・カット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi